トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

アマツマガツチ

MHP3に登場する古龍種モンスター。同作のラスボスを務める。
別名「嵐龍」。東洋の龍をモチーフにしたと思われる。
なおアマツマガツチは日本古語で「天の禍つ神」を意味する。

ユクモ地方に伝わる古い伝承に登場し、渓流に存在した村落を一夜にして
滅ぼした事から厄災の神として畏怖されている。そのためか歴代ラスボスにしては
珍しく一般人にも認知されている。嵐を纏う能力を有するため
アマツマガツチが出現した地方では激しい風雨に晒される。
両腕や背中に羽衣のようなものがあり、アマツが起こした下からの風を受け止めて
浮力にしている。破壊されてもその効果は失われない。体内には水を大量に貯水できる
器官があり、貯めた水は敵への攻撃に使われる。その威力は飛行船を撃沈せしむ程。
アマツを覆う堅殻は常時嵐に打たれる事で頑強になっている。
地上に降りる事は殆ど無く、常に天空を舞っている。が、一度地上に降りると
周辺地域に災厄を振りまく。ユクモ地方に気球は飛んでいないが、
これはその地方の空はアマツマガツチの縄張り同然で下手に飛ばすと
撃墜されるからである。実際、アマツマガツチを捕縛しようとした飛行船が撃墜されている。

霊峰?からジンオウガを追い出した張本人。MHP3の物語を開いた元凶である。
ジンオウガを追い出した後、アマツは霊峰に座した。
動きはMH3海竜種水中?モーションを流用しており、ラギアクルスを髣髴させる。
そのためかアマツはMHP3でリストラ?されたラギアの怨念とネタにされる事も。
風のバリアを纏っているがクシャルダオラみたいに龍風圧?を起こすことは無い。
しかしバリアがある状態だとバリスタ拘束弾?を弾き返す。
戦闘開始から霊峰は嵐に覆われているがアマツの討伐に成功すると周辺が晴れ渡る。
大いなる厄災に打ち勝った者だけが見られる絶景である。

余談だがアマツの素材から作られる男の剣士防具は、ラスボス防具にしては
珍しく顔が露出する。いつもフルフェイスで顔が見られないのに。

by:てんこあいしてるさん - 2012/10/27(Sat) 00:58:14

[,古龍種]