トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

カテゴリ:く

[]

99

イャンクックのこと

9時9分

MHGMH2オンラインに繋げるようになった時刻。
イャンクック99)にちなんでいることはいうまでもない。

MHスタッフのクックへの愛情が感じられる。

クーラードリンク

一定時間暑さに強くなる飲料。

砂漠や火山など、熱で体力が奪われていくエリアに足を踏み入れる際に必須となるアイテム。

しかし飲んだ後、暑さに強くなるといっておきながら
ハンターたちは依然、膝に手をつき、汗を流している。

暑さに強くなったなら、もっとしゃきっと立ってほしいものである。

ちなみに、にが虫氷結晶の調合で作れるらしいが、
にが虫のどこをどうすればあんな飲料になるのかが謎である。

情報提供 : 和己さん

2009年、リアルでも発売される。
腹の底までヒンヤリする感じで、再現度は高め。

ただ100mlで200z=200円という価格まで再現する必要が
あったのか、という点は議論の必要がある。

by:月さん - 2009/09/12(Sat) 15:28:48

クイックキャスト

キリン素材で作られているヘビィボウガン

無印MH時代には、キリン素材を入手する方法がイベントクエストの報酬しかなく
入手出来る確率が低かったため、幻のボウガンという感じであった。
筆者も個人的にずっと憧れていたボウガンである。

MHGではイベントクエストにキリンが登場したため一気に手の届くものになった。
性能的には、攻撃力も高く、リロード?も速く、対応弾も多彩で使いやすく
ルックスも純白で美しいので所有していて満足の出来る一丁といえる。

これで電撃弾?を発射すると威力倍増とかあると面白かったかもしれない^^

情報提供 : ひなた

クエ

 クエストのこと。

決してチョ○ボールの某キャラクターの鳴き声ではない。

情報提供 : 月さん

クエスト

ハンターギルド村長から請け負う仕事のこと。
採集クエスト、討伐クエスト、捕獲クエスト、特殊クエスト
がある。

クエストをこなしていくことが、ハンター生活の基礎であり
すべてである。

よく クエ と略される。

ちなみに、本来 QUEST とは、「探索」という意味の英語で
某有名RPGの「ドラゴン○○○○」で有名になった言葉である。

クギバット

東方伝来らしい牙付きの棍棒。

棍棒であって、既に剣ではない。
凶悪な外見と名前の上に中々攻撃力が高く、
意外と実戦向きなのが特徴ではあるが、
斬れ味は若干低めなので要砥石

尚、ファンゴ頭に装備させると似合う。

情報提供 : ふりゅさん

クシャ

クシャルダオラのこと。

ちなみに大昔、テレビに「クシャおじさん」というひとがでていたそうです
(自分のあごをはずして、顔をクシャっとすることができる特異体質のひと)
が関係ないことはいうまでもありません。

クシャルダオラ

 MH2における古龍種の中で、風翔龍と呼ばれる龍。
 外観的にはは巨大で幅広な翼と黒灰色の表皮を持つ典型的なドラゴンと言える。
 MH2新モンスターの中でも最初期から公開され、TGS等のプレイアブル出展にも出現。
 間断無い飛行と風圧、即死級の威力を持つブレス等により体験プレイヤーを恐怖のずんどこに落し入れたと言う。

 尚、このクシャルダオラという独特なネーミング。
 筆者の一仮説に過ぎないが、あるいは「ルドラークシャ」という単語を転置してクシャ・ルドラー→クシャルダオラとなったのではないだろうか。
 「ルドラークシャ」とは菩提樹の実の事で、仏教では神聖なものとして数珠の材料等に使用される。
 又、これは「暴風神ルドラの眼」という語意であり、吹き荒れる暴風を纏う風翔龍に相応しい語でもある。
 ルドラは破壊神シヴァと同一視される事もある古代インドの暴風神で、モンスーンやサイクロンといった風雨が神格化されたものでもある。

 (ちょいと時期尚早だが、)テオ・テスカトル同様、古龍種には古代の神に因んだ名前が多いようだ。
 それは時に人の命を奪い、時に恵みをもたらす大自然の神格化された姿である。あるいはそれは、MH世界における飛竜そのものであるとも言えるだろう。

投稿者:RedGlassさん 投稿日:2006/01/29(Sun) 18:18

  MH2から新たに加わった古龍で、別名鋼龍
パッケージやOPムービー、MH2の公式ページでも大々的に扱われており、
大幅に追加された古龍種達を、そしてモンスターハンター2というゲームを象徴する存在となっている。

 今までは古龍と言われると、攻撃力は高くても動きが非常に遅かったり、
鬼ヶ島or神ヶ島?拡散弾を撃っていれば勝手に倒れてくれたりといったイメージしか無かったが、
今作の古龍種の象徴的な存在だけあって、拡散弾だけで倒れるほど甘い相手ではない。
体長こそ意外に小柄だが(ドスガレオスリオレイアと同程度)、
当たると見事に吹っ飛ぶ風ブレスをはじめ、空中からの風ビーム、比較的隙の小さい突進、
素早いバックステップ、飛竜とは比べ物にならない速度の反転、近づくハンターを吹き飛ばす風バリアなど、
同じ黒色でも、のろのろと動いていた黒龍とは比べ物にならないスピードで襲い掛かってくる。
しかも、今作から新たに「雪山」「雪だるま状態」が加わった事により、
雪山で風ブレスをもらうと大ダメージ&雪だるまで回復不能という、最悪の状況に追い込まれることとなる。

しかし相手も生物。弱点は必ずあるもので、雷、龍、毒属性の攻撃には比較的脆くなっている。
特に毒状態になると、何故か風バリアが発生しなくなるので、
パーティに一人毒属性武器があると、近接ハンターはとても楽になる。

慣れないうちは、その機動力と攻撃力に翻弄されてしまいがちだが、
よくよく見ると意外に隙は多く、手馴れなハンター達にカモられてしまう可能性も決して高くはない。
また、オフでの初戦闘は、「2回撃退した後討伐」という、黒龍と似たような形式をとっているのだが、
初戦の密林だと、毒投げナイフを数本投げた後、少し斬るなり殴るなりすれば
5分も経たずに撃退できてしまうのは、正直どうかと思う。
(砂漠や雪山ではやや体力は多いが、毒投げナイフ→殴り斬りをしていればやはり早々に撃退or討伐できてしまう)
・・・ここまでパッケージやムービーで大々的に取り上げておいて、こんなにあっさり討伐できてしまっていいのだろうか。

投稿者:フィッシュマンさん 投稿日:2006/03/16(Thu) 02:45

 鋼龍の二つ名を持つクシャルダオラの外殻や鱗はその名の通り金属のような性質を有しており、電気をよく通し錆びさえする。
人間が風呂に入らないと身体が痒くなるように、クシャルダオラも身体が錆びるとイライラするらしく、わざわざ街まで降りてきて暴れまわってくれる。
一体街になにがあるというのだろう。北方謙三に相談でもしたのだろうか(下品で失礼)。
しかしこのクエストで真に暴威を振るっているのは天を覆い隠すガブラスと地を埋め尽くすイーオスの群れであるだろう。
錆びたクシャルダオラは能力上差はないものの亜種に分類されており、
この街に襲い掛からんとする爆風を退けた者には、
通常のクシャルダオラから得られるものとは異なった称号が贈られる。

投稿者:SIN2さん 投稿日:2006/05/14(Sun) 21:58

 MH2の古龍種代表。
漆黒の体に風を纏った、正にドラゴンといった感じの姿を持つ。
力の方も半端じゃなく、一撃で他のブレスの倍は吹き飛ぶ風ブレス、
雪山での脅威になるゴミ掃除など、強制イベントの中盤に出てくるレベルとしてはかなりキツイ。
しかし、毒に弱く、毒投げナイフ3発で毒状態になる上、
角を折ってしまったら体を纏う風が無くなる(毒状態でも同様の効果)。
また、閃光玉にも弱いので、一度慣れてしまうと簡単に狩られてしまうのが現状。
ちなみに爆雷針にも弱い。
ハンターは非情である。

投稿者:煙草さん 投稿日:2006/06/17(Sat) 21:05

ちなみに、頭を攻撃して横転させることができれば、
しばらく風ガードが無くなりだいぶ楽になる。
しかし、角を破壊したわけではないので、
風が消えている間に破壊しておきたい。
コレは炎龍にも有効なため、頭を重点的に狙っていこう。

投稿者:アルスさん 投稿日:2007/01/10(Wed) 17:25

クック

イャンクックのこと

クックU

G級?で出現する青いイャンクックから取れる素材に堅竜骨?を足して作られた涼しげな青い防具。

防御力32に特殊攻撃スキルポイント+2(胴・腕)と
悪くは無い。が、作りやすいガレオスSやゲリョスSに劣り
なおかつ堅竜骨が報酬で出るのは火竜鎧竜など★8以降なので
作りにくい。そのため、装備している人は一握りである。

また、レザーライトUヘルムにアッパータパルジン?デットリィタパルジン?
スキル状態異常攻撃強化もつくし防御−10も消えて
見た目も良くなる。

情報提供 : uさん

クックジョー

ネタ武器にさえ見える、クックのクチバシを使ったナイスハンマー

能力もそれなりに高いが、それ以上に存在感が凄い。
攻撃時も独特の音が鳴るなど、限りなくネタ武器に近い。
つーか、むしろネタ武器?

クック好きにはたまらない一品です。

クックツインズ

イャンクックの耳を使った双剣
見た目はマラカスに紙がついた感じ。
筆者はこれを書いているにも関わらず使ったことが無いので知らないが、まあ普通に考えてネタ武器
つーか、いくら怪鳥の耳だからといって
それを刀にしようと考えるのは無謀すぎると思う。

投稿者:Tabakoさん 投稿日:2006/05/03(Wed) 20:46

クックレイジ

分類:ライトボウガン
初期攻撃値:192 最大攻撃値:252
リロード?速度:遅い 反動:中
必要素材:小さなクチバシx2、青怪鳥の耳x2
     青怪鳥の甲殻x6、王族カナブン?x1
生産費用:7100z

青い怪鳥の素材を使用した「クックアンガー?」の上位種ライトボウガン。
特殊イベント「幻の怪鳥」にて入手できる小さなクチバシがキー素材になっている。
色がとても爽やかな蒼なのでクックUシリーズとの相性が良い。

クックアンガーよりも攻撃力が高い為か、使用弾種は同じだが
若干ながら装填可能弾数が少ない。

見た目はそのまんま小さなイャンクック
こっちの方がイャンクック砲と言われた方がずっとピンと
くるようなデザインであるのが特徴。

個人的に「幻の怪鳥」のイベントで見た愛くるしい姿を
間接的に、更に色違いで手元におけるので、非常に嬉しい。
こちらを所持している人は是非、クックアンガーも作りましょう。

情報提供 : KAMINAさん

クック算

別名99算。

オンライン?では、各クエスト毎にハンターランクポイント?HRP)という物が付加されている。
これは要するに経験値であり、このHRPが一定値貯まる事で次のランクへ上がる事が出来るのだが

クック算とは 次のハンターランク?まで後いくつHRPが必要かを、
イャンクック討伐クエストにて獲得できるポイントから求めてしまう計算法である。(仮に下位なら240程度)
クックマラソン?の達人のみが扱える、究極の神技。

使用例:

A「あ、あと1000で次のランクだ」
B「じゃあ夫婦でも行こっか〜」
C「じゃあクック○回分だねっ」
A・B「え?」

無論、A・Bが普通のプレイヤーで Cはクック算の有段者である。

情報提供 : ソルディさん

クララ

ラオのこと。
ラオがたまに立つことからこうなずけられた(なずけた?

ノリのいい人はラオが立ったとき
「クララが立った!!!」
とでも言ってやってください。 もし誰かがいったら「ハイジ立てたよあたし!!!」
とでも言いましょう。盛り上がります・・・たぶん

情報提供 : ダニエルさん

クリティカル距離

ガンナーモンスターへ与えるダメージを
決定する上で重要となるひとつの要素は
対象との“距離”である。

対象との距離により、与えるダメージが
1.5倍、1.0倍、0.8倍、0.5倍の4パターン
で変化する。
このときダメージ1.5倍となる地点をクリティカル距離という。

ちなみに通常弾貫通弾以外の弾丸では
ダメージの変動がほぼ無い仕様となっている

クリティカル距離の位置どりができているか否かを見るだけで
にわか?ガンナーか熟練さんか見分けることができるので、なかなか面白い。

by:Worldさん - 2008/08/30(Sat) 18:44:48

クルプティオス湿地帯

MH2沼地

温帯に属し、年間を通じて降水量が多く滅多に晴天にならない。
その為菌糸類が多く生息しており、時々サブターゲット特産キノコの採取がある。

日照時間が短く、夜になると毒素を含んだ霧が発生するがその場所に猛毒を含んだゲキレツ毒テングと言う珍しいキノコが生えている。

なお、ブルファンゴはこの場所に適しているらしく季節によってはかなり大きな群れを作る。

by:海老侍さん - 2008/08/30(Sat) 17:38:24

クルペッコ

トライで新規登場の鳥竜種
他のモンスターの鳴き声をまねて援軍を呼ぶのが特徴。
ボスモンスターが他にいるときにはそれらを呼ぶのだが(レイアドスジャギィ等)、
ボスモンスターが倒されるとしまいにはメラルーを呼ぶ。
(クルペッコがにゃーにゃー鳴くんですw)
不覚にも萌えたw

by:JUNさん - 2009/08/12(Wed) 19:38:23

クロームデスレイザー

クロームレイザーの強化大剣

見た目は強化前と比べ銀色に磨き上げられ、縁取り装飾が施され、
さらに刀身に「咬剃」(かみそり)と刻印までされている。
毒属性の蓄積値が約2倍に跳ね上げられ、脅威の毒大剣となった。
老山龍の蒼角の他、強化に再び逆鱗が必要となるが、「G級?クエスト」では入手確率が比較的上がっており、
努力さえすれば作成はそう難しくない剣だろう。

しかし創り上げるのに追放されるほどの禁忌を犯さねばならないらしいこの剣。
だが街工房、村の男性らは素材と金さえ用意すればどんどん生産が可能なのが現状。
禁忌というものはそんなに軽視して良いものなのか?
特に村の男性、その若さで近所のハンターに禁忌を犯してまで剣を作成するその器の大きさ。見事だ。

情報提供 : スパーダさん

クロームレイザー

 おそらく、『カミソリの如く飛竜を切り捨てる』意味合いでこの名がつけられたと見解する。

 外観はバスターソードと瓜二つであるが、威力は段違いで切れ味も抜群。かつ毒属性がお備えしてあり、その毒効は極めて高い優秀な大剣
 ただ、難点は火竜雌火竜老山龍などの逆鱗の素材を集めなけらばならないこと。また、これだけ入手困難な素材で作られた割には見合った能力があるとも思えないことから、それ以上に強く、比較的簡単に生産できる紅蓮でも作った方が手っ取り早い。
 けっして弱い武器ではないが、よほど好きな人以外はあまり作られていなかったりする。

情報提供 : kensanさん

クロオビボウガン

コインチケットで生産出来るライトボウガン

滅龍弾以外すべての弾種を発射可能で
リロード?が速い

通常弾貫通弾散弾
装填数が多いので使いやすいが
拡散弾LV2が撃てないのが非常におしい

このボウガンだけかは分からないが
ロングバレル?を着けていると背負って
いる時は着いていないが構えると出てくる

情報提供 : シオンさん

クロスボウガン

ライト、ヘビィとボウガンは数多く存在するが、最も安価で手に入る一丁。
「入門用に最適の一丁」という説明があるが、お世辞にも火力、弾種共に
褒められるようなものではない。個人的には入門用としては、後々まで長く使える
アルバレスト改をおススメしたい。

それはいいとして、筆者はこのボウガンに結構お世話になっている。
何故ならば、剣士の状態であると、ガンナーの装備を強化できないためだ。
実際に筆者はクエストから帰る(剣士)→工房?へ足を運ぶ→取ってきた素材で
ガンナー装備を強化したい→クロスボウガンにサイレンサー取り付け(取り外し)→
ガンナーに→ガンナー防具強化という手順を踏んでいる。
この方がマイハウス?に戻って着替えるよりもよっぽど早いのだが、
これは筆者がただせっかちなだけであろう・・。

投稿者:大地さん 投稿日:2007/01/22(Mon) 00:52

ハンターの中には、様々なスキルを使ってクロスボウガンだけで
どこまで行けるかチャレンジする強者もいる。
拡散追加スキル+クロスボウガンでミラバルカンに挑むなど。

ひたすら強い装備を作るだけがモンハンではない。
自分に様々な制約をかけて、その中で己を磨いてみてはいかがだろうか。

クロスボウガン改

:クロスボウガンをベースに、より幅広く攻撃系特殊弾に対応したライトボウガン

小さめの竜骨と鉄鉱石で作られるクロスボウガンと違い、
こちらはマカライト鉱石と鉄鉱石で作られているライトボウガン。
大量生産されるボウガンの上位互換版の割りに、多くの種類の弾を運用できる。
しかし、火力はやはり低く戦闘向けとはいえない。

MH2では速射?機能が試作的に搭載されている。

by:海老侍さん - 2009/06/14(Sun) 13:22:09

グラン・ミラオス

MH3Gに登場するラスボス。別名は「煉黒龍」。分類は古龍種

過去作に登場したミラボレアス3種との関連性が示されているモンスター
グラン・「ミラ」オスという名前、骨格がボレアスと同一、
専用曲にコーラスが付いている、ミラオスの素材で作られる防具の強化費用が66666zと
ミラルーツZ等と同じ、人々からはミラボレアスと同じ「黒龍」の名で呼ばれている、
大昔に人類と干戈を交えた点もミラボレアスと一致する、体力が一定以下になると硬化する…など
枚挙に暇が無い。

大昔、タンジアの港?周辺の海域に突然姿を現したグラン・ミラオスは数多の島を沈め
破壊の限りを尽くした。ミラオスの体温はマグマと変わらず、海は赤く煮立ち
ミラオスを中心に海の生物たちは次々と死に絶えていった。その様子はまさに「煉獄」であった。
厄海?という名称はその際に付けられたという。この災厄の象徴に対し、
人類は意を決して立ち上がり、ミラオスと死闘を演じた。
激戦の末、人類が勝利しミラオスは海底へと沈んでいった。
その後わずかに生き残った人間がタンジアの港を作り、二度とこんな悲劇が起こらないようにと
願いを込めて、厄海を囲むように≪黒龍≫祓いの灯台が立てられた。
それから何事も無く時間が過ぎていったのだが…。

人々の願いは脆くも踏みにじられた。

厄海で発生する地鳴りの調査に向かった船が次々と行方を絶った。
不審に思ったギルドが戦艦2隻を旗艦とする調査船団を編成して厄海に向かわせたが
「煉黒龍」という連絡を最後に全滅した。そう、煉黒龍は再び人類の前に現れたのだ。
ミラオスは自分を倒した人類への恨みを果らすかのようにタンジアの港へと動き始めた…。
ゆっくりと、しかし確実に。

その姿は差し詰めミラ骨格のラオシャンロンと言うべきか。
非常に大きな身体を持ち、両耳の部分や翼の先端から火山弾らしきものを打ち出す。
その姿はまるで生きた活火山。陸地と水中が戦場になるが海面はミラオスの影響で
赤く煮立っている。が、泳いでもダメージは無い。
その巨体さは同時に凶器で、身体を使った攻撃の範囲が尋常ではない。
ミラボレアスみたいに一撃で即死という事は無いが当たると大ダメージを食らう。
またその巨体からは想像できないほど正確無比のブレスを放つ。その精度は
ダッシュしてないと直撃を貰うほど。さらには口から竜撃砲のような火を出してから
放つチャージブレスは一撃必殺の威力を誇り、着弾とともに大きな火柱が立つ。
ガンナーなら即死に近いダメージを受ける。
火山弾も部位破壊をしない限り常時振り注ぎ、剣士の接近を妨げる。
ちなみにミラオスの吐く炎ブレスは特殊なのか水の中にも飛んでくる。

巨体なためか体力が破格で爆破属性が効果を発揮しない。
ちなみに剥ぎ取り?回数はラオと同様である。

by:てんこあいしてるさん - 2012/10/27(Sat) 23:47:36

グランドダッシャー

MHP3より登場のファンゴドスファンゴ素材を用いた
スラッシュアックス、「ワイルドアックス?」の強化形。
斧モード?と言いつつ鈍器?にしか見えないイカス外観と減気ビン?効果が
特徴となっている。
しかも打撃面には痛そうなスパイク付きである。ワイルドだろぉ?…
ごめん、ちょっと流行りに走った。

この減気ビンという性能がなかなか面白い。
特に纏わり付いて攻撃を続けられる相手は早期にスタミナ?切れに追い込むことが出来、
?からのまとまったダメージを期待できる。
?ラングロトラ?なんかは、普通にビン攻撃→疲労?落とし穴でボコボコ(背面破壊)
→引きずったらシビレ罠で捕獲、とサックリ狩ることが可能。
ガンキン?なども二回ほど疲労状態にしつつ討伐でき、お腹から溶岩塊?採掘を狙いやすいという利点もある。
またもちろん、チームプレイにおいてはスタミナスタン尻尾斬りとマルチに活躍が期待できる。
標的の弱点属性を問わず高い効果を期待できる、無属性武器を一歩進めたコンセプトと解釈することもできるだろう。

さて、このグランドダッシャーという名称。ある世代(ぶっちゃけイイ年)のハンター諸氏にはピンと来る物があるのではないだろうか。
そう、かつて「グランダッシャー」という言葉があったのだ。

それはその昔、某電磁ロボのテコ入れ新必殺技として登場したものの、如何せん見栄えが悪く地味
(中途半端に変形を解いた姿で突進)であった為、結局決め技の座を某電磁スピンから奪えなかった、哀愁漂うマイナー技の名前。
この名前が減気ビンという仕様にピタリとマッチする。まさに燻し銀。

尚、MH3Gにおいてはドスファンゴが居ない為、代用としてボルボロス素材を用いて作製が可能となっている。
ちなみにこの時、ワイルドアックスから順に強化しようとすると
一段階前のワイルドアックス改にファンゴ素材が必要になるのだが、
ファンゴはフィールドにおらず、?星2の闘技場クエストで出てくるため、
村クエストを先行して進めているとワイルドアックス改を強化できないうちに
グランドダッシャーが直接生産?できるという事態に陥る。
実際筆者は「ファンゴ居ないよファンゴ〜?」とフィールドを探し回ってしまった。(汗)
この場合グランドダッシャーを直接生産してしまい、ワイルドアックスは派生のロアル?斧にしてしまうのが吉。

又、このワイルドアックスシリーズは下位前半から登場、グランドダッシャーへの強化は
下位後半となり、上位強化すると残念な事に別の形状の斧に変化してしまう。
従って、第一線で活躍できる期間は限られてしまうのだが、
いのちが短い故にその期間は活躍させてやりたいのが親心。
また、最終形以外の装備にもイカスデザインを取り揃えてくれている所も
モンハンの懐深さの一端というのが筆者の見解である。

既に上位?G級?に挑んでいるハンター諸氏には触れる機会が無いかもしれないが、
もしセカンドキャラ?を始めるときには、武装の一環としてグランドダッシャー、如何であろうか。

by:RedGlassさん - 2012/07/11(Wed) 22:17:26

狗竜

MHP3からついたドスジャギィの二つ名。

訓練所

モンスターハンターGから新しく出来た、飛竜を倒してハンターを鍛える場所。

飛竜を倒した後に報酬でもらえるコインチケットで武器や防具が作れるが大して性能はよくはない。

?老山龍のクエストを出すためにすべて終わらせなければならない。
私的にあまりに難しいので「試練所」と呼んでいる。

情報提供:傘さん

黒グラ

黒色の体を持つグラビモス亜種のこと。

白グラ

黒ディア

オンライン?☆8に登場する黒いディアブロスのこと。

ただでさえ強力なディアブロスが、色違いとなって、さらなる力を身につけ
戻ってきた。
その能力は・・・はっきり言って反則である。
とにかくトト様を越えるほどの絶大な攻撃力。(いや、越えてはいないか)
グラ並みの防御力。
体力など、もはやレウスの倍くらいある。
そしてその怒り状態はさらに脅威で、たとえ防御力が200あっても、
突進一発で75ほど持っていかれてしまう。
そしてその突進速度は金レイア?の怒り突進並み。と、
何をとっても、砂漠の覇者と呼ぶに相応しい飛竜

しかし、実際の戦闘時に接近してみると、
なんか黒い中に緑色が見える。たまに赤も見える。
防具のディアブロUの角の先もなんだか緑っぽい。

つーか黒巻き角?くれよ。
それと、黒尻尾があるなら、黒尻尾のハンマーも
用意して欲しかった。

情報提供 : 和己さん

黒鎧竜

黒くて頑丈な体を持つグラビモス亜種のこと。
上位では、恐怖のなぎはらいグラビーム?攻撃をしかけてくる。

黒角竜

漆黒の体を持つディアブロス亜種

黒傘

ライトボウガンダークフリルパラソル?のこと

食いしん坊セット

MHGで新しく追加された武器。双剣の一種。

ぶっちゃけ、ナイフとフォークである。
ネタ武器だと思うが、まあまあ使える。
これで、モンスターを襲っている様は
「いただきま〜す」という感じである。

[]

GJ

  • 飛竜のしっぽを切り落とすことに成功したときなど、

すばらしいプレイをしたときに、その人をほめ讃える言葉。

  • G・J→Good・Job→いい仕事してますね

レウスの尻尾などを素早く切断したハンターによく
送られる言葉。言われ方は多岐にわたっているが
この言われ方がスタンダ−ドである。
なお他の言い方は、ガンバレ・日本(G・J)
などのもじった言い方がある。
言わんとすることはみな同じである

情報提供 : イノシシさん

飛竜の尻尾などを切り落とした際、切り落とした味方を褒める言葉。
しかしこの言葉、
GJ→『いい仕事してますね』
と訳される事が多いが、実は
Good Jobというのは、会社などで上司が部下に使う、
『良くやった』という意味合いの方が強い。
どちらかというと『良い仕事〜』の方が広まっている為、
使ってもあまり弊害は無いが、気になるようだったら
ナイスです、などの言葉を入れたほうが良いと思われる。
某缶コーヒーのCMの影響は多大である。

投稿者:煙草さん 投稿日:2006/06/17(Sat) 23:52

グラ

鎧竜グラビモスのこと

グラシスメタル

:様々な用途がある貴金属。光に当てると青白く輝く。その価値は高い。

凍土で産出するレアメタル。主に上位?クエストの凍土で採掘可能だが、
アイシスメタル同様採掘ポイントは光の届かない暗い洞窟に多く存在する。

ベリオサブマラソンのついでに採掘される事が多く、アイシスメタルほど苦労して集める事は無いが、
やはりギギネブラの乱入で採掘が中断する事が多い。

上位の武具に多く使用される事が多いが、鎧石と調合する事で堅鎧玉?を作成する事もできる。

by:海老侍さん - 2010/03/25(Thu) 01:26:03

グラビーム

グラビモスが口から吐く超強力ビーム。
飛竜ブレスの中でももっとも威力が高く
ハンターが触れるだけで即死することも多い。

ビームを吐いた後、放熱のためか火炎ガスを出す事があるので
近接武器?の場合は注意が必要。

ハンター同士の遊びの罰ゲームで
グラビームに飛び込まされることもあるらしい^^;

グラビィトンハンマー

 ハンマーの一種。

 下位クエストで採れる素材、しかも岩竜の甲殻やら雌火竜の棘やら、他にあまり使い道の無さそうな素材で作れる。
 威力はそれなりで弱い毒属性付き。

 注目すべきはそのビジュアルで、ゲーム全編を通してトップクラスの「痛そうな武器」。
 通常時は球形のトゲ付きハンマーだが、タメ完了時には本体直径に迫る長さのスパイクが多数展開し、その凶悪な真の姿を現す。
 類似する上位武器のタイタンハンマー?に性能では劣るが、見た目では勝っている。

情報提供 : RedGlassさん

グラビモス

と言われるが、ほとんどの剣士
お腹の下からしか攻撃しないため、あまり硬いと
いう印象は受けない。

ただし、倒れこんだときにはその硬さに閉口する。
その上、溶岩の中でも生存していられるらしいの
だが、その驚異的な能力もイーオスが溶岩の上に
立っていることを考えるとどうもインパクトとして
今ひとつである。

 ちなみに睡眠ガス、体当たり、突進、尻尾
振り回し、食いつき、そして悪名高き
グラビームなど多彩な攻撃方法をもっているのも
特徴であろう。
 ただし、幼竜のときにもっていた毒ガスはどこに
いったのかは疑問でならない。

 一撃が痛く、タフであるため、総合的に決して
弱くはないのだが剥ぎ取れるアイテムの量と
価格、またオンで得られるHRP
高さからクックの次に乱獲されている可能性は
否定できない。

情報提供 : 月さん

  • では落とし穴に落とされ、麻痺をかけられ、お腹を壊され・・・と散々な目に遭ってきたパパグラビだが、

では能力が大幅に強化されて帰ってきた。

攻撃力自体はさほど変わらないが、最大の変更点は咆哮時間の長さだろう。
なにせ、咆哮を喰らった後の硬直時間がフルフルディアブロスと全く同じなのだ。
これにより、咆哮によって動けない間にグラビームが飛んできたりするようになったため、
ハンター達の即死率が極端に上がってしまう形になってしまった。
ガンナーでは麻痺弾?すらうかつに撃てない状況である。
さらに腹部、脚部の肉質が硬めに設定されているため、槍で突いたぐらいでは簡単に弾かれてしまう。
今まで用いられてきた、麻痺→槍で突くという手段が使えなくなったわけである。

今作のグラビモスは、まさに鉄壁と言っても過言ではないのではないだろうか。
今作も落とし穴が効くので、手馴れなハンター同士だと落とし穴合戦になってしまう可能性はあるのだが・・・

投稿者:フィッシュマンさん 投稿日:2006/02/23(Thu) 14:32 No.106

漆黒の外殻に身を包む亜種には、原種に対して有効だった龍属性を完全に遮断し
唯一の弱点だった腹部の甲殻は切れ味に白ゲージ?を持つ武器であろうと弾き返すという
もうやめてくれと言いたくなるほどの強化が成されている。
しかしいくら外殻が硬くなろうとによるダメージは軽減できないので、
デッドリィタバルジン?ネイティブスピアなどで小突かれる内に倒されることがままある。
また、腹部の甲殻を爆弾岩大タル爆弾で破壊されると、攻撃が弾かれなくなり
龍属性も効くようになるためただのグラビモスに成り下がる。

ちなみに、他の個体よりも高い温度の熱に耐えて体内に溜め込めることができるものは、
吐き出す際の熱線や火炎ガスの温度も高くなる。
その中で自らの外殻を黒く焦がす程の熱を放つものが、黒いグラビモスになると言われている。
亜種でもなんでもない気もするが合言葉は気にしたら負けだ!である。

投稿者:SIN2さん 投稿日:2006/08/16(Wed) 00:13

グラビモスの食性と龍属性

(※うんちく&へりくつコラム…頭が痛くなった時点で読むのを止めて下さい。)

 MH2になり、様々な形でモンスター達の生態が明らかにされている。
 本稿では、その中から「鎧竜グラビモスの食性にスポットを当ててみたい。

 
アースイーター…「地球を喰らうもの」
スケーリーフット…体長4cmのリアル・グラビモス
食性と耐性…黒グラと竜殺しの実
龍属性の謎…二つの龍耐性
結び

投稿者:RedGlassさん 投稿日:2006/10/26(Thu) 21:16

グラビモスロア

前面に黒鎧竜の頭殻をあしらい、黒グラビモスそのものに見立てた迫力溢れるヘビィボウガン
ボウガンに分類されているものの、弓の部分が見当たらないなど様々な点で異彩を放っている。
デュエルキャストに次ぐ破壊力を持ちながら幅広い攻撃弾に対応し装弾数も申し分が無く、リロードの遅さを補って余りある性能を持つが、
その反面補助弾にはほとんど対応しておらず毒弾?が撃てるのみとなっているあたり、徹底的にサポートガンナー?にまわることを拒否している銃と言える。
しかし、単騎であろうと古龍を倒しうる力を与えるこの銃に、そのようなものを求めるのは無粋であるだろう

投稿者:SIN2さん 投稿日:2006/08/06(Sun) 19:23

グレートノヴァ

貴重な鉱石を大量に使った、
金持ち用ハンマーの最終強化版。
カブレライト鉱石を35個も必要とし、
さらに12万を越える資金がいる為、
作るのには運より根気が必要。
しかし攻撃力は936(属性付きの中ではかなり高位に入る)
もあり、さらに雷属性が300付いている。
暇と金があれば作ってみても損はしない。
ちなみに筆者は資金不足によって作るのを挫折した。

投稿者:煙草さん 投稿日:2006/08/12(Sat) 01:14

グレートバグパイプ

中世のイギリスを髣髴とさせるイカした狩猟笛
攻撃力は780.音色は白、緑、赤。
更におまけで防御力プラス18が付いてくる。
マカライト鉱石が多少多く必要になるが、
切れ味も悪くなく、攻撃力もそこそこある(?)ので、
作って損はしない武器かと。

ちなみにこの武器の元、メタルバグパイプ?オンラインの教習所?にも出ており、装備はなんとふんどし
ふんどし姿でイギリス風のパイプを吹いているのをみて、
筆者は不覚にも噴き出してしまった。

投稿者:煙草さん 投稿日:2007/01/09(Tue) 23:29

グレネードボウガン

 「擲弾弩」の名に相応しく、Lv2拡散弾を中心とした火力特化型のライトボウ。
 金属光沢と重厚感のあるズングリした形状と、巨大なリボルバー状の弾倉が特徴的。
 Lv1,2の全ての攻撃弾に対応し、リロード?速度も速い。その代わり、麻痺・回復弾等は使用不可となっている。

 上位機種としてLv2,3弾対応のタイタングレネード?が存在するが、Lv3弾は入手コストが高く運用が難しいので、LV1貫通弾等の店売り弾が活用できる無印グレネードの方が利便性は高い。
 Lv2拡散弾対応のライトボウとしてはグレネード&タイタンの他にメイルシュトローム?鬼ヶ島が存在するが、二種のグレネード系は固有攻撃力(=通常弾貫通弾威力)とリロード速度の点で他二種を上回っており、総合的にライトボウ随一の攻撃力を誇っている。

 又、Lv1&2の毒弾?も使用でき、この併用により攻撃コスト軽減及び長期戦でのダメージ速度を更に上乗せする事が可能。
 毒弾&拡散弾は共に飛竜の防御力を無視してダメージを与える事が出来、また一度毒化すれば単発の射撃のみで高ダメージを与えられるというメリットもある。又、弱点への精密射撃も必要としない点も安定度が高く、射手への負担が小さい。
 この毒&拡散攻撃はライトボウの固有攻撃力不足をカバーし、全ボウガン中でもトップレベルの高攻撃力を実現できる。
 更にライトボウの機動力から攻撃回避能力やアイテム使用速度にも優れ、「高機動&高火力の最強銃」との呼び声も高い。

 が、この戦法は強力で容易な反面、味方剣士巻き込みの危険がある・使用弾のコストが高い、という欠点もあり、また強力さゆえの安直感も付きまとう。
 オンラインでは拡散弾を打ち控え、攻撃の一部を通常弾・貫通弾に代替させる等により柔軟な対応を行いたい所だが、そうすると単純な攻撃力ではヴォルキャノン等の上位ヘビィボウに見劣りが生じるのも事実。
 真に「最強銃」の誉れに見合う力を発揮する為には、機動力を生かした立ち回りや、毒&拡散の遠距離単発攻撃と近距離通常弾連射のメリハリを生かしたヘイトコントロールを駆使していきたい所である。

 かつて我々の世界にグレネードと呼ばれる兵器が現れた時代、その使い手(擲弾兵:Granadier)は精兵の代名詞でもあった(その後ヒトラー辺りが士気鼓舞の為に自軍の歩兵をそう呼んだりもした)。
 MH世界のグレネーダーが最強銃を携えた真の精兵であるか、只の勇者様ボウガン版であるかは、一重に使い手達の腕に掛かっている。

情報提供 : RedGlassさん

正に現代のバルカン砲のような
形状をしているライトボウガン
形状だけでなく通常弾貫通弾散弾拡散弾徹甲榴弾etcの攻撃系の弾が全て使えるという、
筆者のドツボをついたボウガン
しかも徹甲榴弾はレベル1のみ速射機能がついている。
フルフルバサグラと戦う際
とても役立つボウガンだろう。
だがしかし、所詮はライトボウガン。
攻撃力は最高168という悲しい威力。
さらに徹甲榴弾は強いが素材が入手しにくいので、
一人で戦うには辛いボウガンである。
このボウガンが活躍するのは耐久力が高く、
前面方位攻撃をする飛竜古龍と戦うときだろう。
ちなみに、火に強いモンスターにこれを使うと
殆ど効かないばかりか、
かえって早く怒り状態にしてしまうので注意が必要。

投稿者:Tabakoさん 投稿日:2006/05/16(Tue) 00:23

軍刀【獅子王】

 軍刀シリーズの最終強化版。
 炎妃龍の角を主素材とし、炎妃龍の甲殻、炎王龍の龍鱗や宝玉等を加えて作られる太刀
 青く滑らかな刀身、サーベル型の柄と合わせ、「麗刀」と称するに相応しい外観を持つ。
 性能的にもそこそこの攻撃力と高い火属性値を持ち、火属性弱点への攻撃では太刀の中でもトップクラスの性能を発揮する。

 ちなみに軍刀とは当然「軍で用いる刀」の事であるが、この場合は明治〜昭和初期に日本で用いられた、サーベルの外装に日本刀の刀身を仕込んだサーベル型軍刀を差しての事と思われる。
 明治初期に国軍の近代化に伴い西洋式サーベル(片手握りで主に刺突を目的とする)を佩刀する事になったのだが、これが日本人の伝統的な斬撃刀法に馴染まなかった為、サーベルの柄を両手握りに改造し、日本刀の刀身を装備した軍刀が生まれたのだ。
 尚、当然ながらこれは歩兵や士官の佩刀するものであり、佩き方こそ太刀であるものの(既に紋付袴ではないので刀を「差す」事はできない)その刀身は所謂「打刀(江戸時代の侍が日常差している歩兵用の刀)」サイズである。
 従って、MHに登場する様な大太刀(鎌倉〜室町期に作られた、馬上で用いる長大な刀。)の軍刀というのは普通は存在しない。
 というか、一体なぜ明治期のサーベル軍刀がドンドルマ地方に……まあ、MHらしいチャンポンぶりという所だろうかw。

 また、「獅子王」というネーミングは、一見ナナテオが獅子だから…とも思えるが、実はもう一捻りした説が考えられる。
 平家物語の中で、源頼政(酒呑童子を退治した源頼光の曾孫に当る)が宮中に現れた鵺(ぬえ)を退治した褒美として、近衛天皇から「獅子王」という太刀を下賜されているのだ。
 この鵺は「猿頭狸身、虎の手足に蛇の尾」と言われている…どことなくテオナナに通じるものがないだろうか。
 おそらく、(鵺チックな)テオナナを破った者に与えられる太刀として、この「獅子王」から名前を貰ったものと思われる。
(ちなみに、この「獅子王」は現存しており、重要文化財として東京国立博物館が所蔵している。)

投稿者:RedGlassさん 投稿日:2006/07/22(Sat) 14:06

紅蓮石

常温で燃え盛る灼熱の鉱石。
その高温で素材同士を結合させる。別名:鳳凰石

炎属性の武器や耐火性の防具に良く使われる鉱石で、なかなか多く取れない希少鉱石。
常温で燃える上に、爆発性がある為にかなり危険な鉱物だと思われる。
グラビモスは、火薬岩や紅蓮石をはじめとする爆発性の鉱物を好んで食す為に、時々剥ぎ取りで紅蓮石を入手できる事がある。

by:海老侍さん - 2008/09/16(Tue) 19:59:07