トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

カテゴリ:へ

[]

へビィバスタークラブ

上位?にて出てくる、バスタークラブの改良版ヘビィボウガン
徹甲榴弾が全L使用不可になっているものの、
攻撃力はバレルをつけると324。
さらに麻痺弾?回復弾が撃てる結構高性能なボウガン
リロード速度も『やや遅い』なのでさほど気にならない。
素材の方も、ダイミョウザザミさえ狩れれば
そんなに苦戦することはない。
バスタークラブというよりは、
ロックイーターの上位版といった方が性能的には
似合っている気がする。
だがしかし、作るだけでも1万以上のお値段。
さらに最終強化までに掛かるお金も半端じゃない。
事実筆者はこれを最後まで強化する為にゲリョ防具を全て売ったほどである。借入れと返済を考えなかったいい例である。

投稿者:煙草さん 投稿日:2006/07/30(Sun) 23:48

ヘイト

モンスターの「ムカつき度」とでもいうべきもの。

クエスト時、各プレイヤーごとのヘイト値というものがあり、
モンスターは戦闘時に一番ヘイトの高いキャラクターを攻撃する。(→タゲ

モンスターを攻撃することや、笛を吹いたりすることによってヘイトは上昇する。
また、装備のスキル?によってヘイトが上がりやすくなったり(挑発)上がりにくくなったり(隠密)する。

本来は「嫌悪」を意味する英単語。

情報提供 : ひなた

ヘイトコントロール

 オンラインの対飛竜戦等において、意図的にプレイヤー間でのヘイトの不均衡を生み、飛竜にターゲットされるプレイヤーを意図的に操作、かつターゲット決定時の該当プレイヤーの位置によって飛竜の特定行動パターンを誘発・抑制する戦術。

 或いは、対飛竜戦闘において「行動対処」を初級、「行動予測」を中級編とすると、その次に来る上級編「行動制御」とも言える戦術である。

 初歩的なものとしては、高台の上でを吹いて攻撃を引き付けたり、運搬クエストの囮になったりする事も原理的には同じ物と言える。
 通常戦闘においても、意図的に攻撃回数を増減させる事である程度のヘイト操作が可能で、近距離でターゲットを受ける事により突進を抑制(剣士の攻撃可能時間を増やす)したり、遠距離でブレスを誘って切り込む隙を作ったり(ガノトトス戦等)、自分が攻撃を引き付ける事で味方のピンチを救ったり、という事が期待できる。
 通信ラグを含む各種状況や飛竜行動のランダム部分から完全確実とは言い難く、確率的な紛れの対応を含めて実践する必要があるものの、戦闘中のターゲットされる回数を考えると統計的には十分な効果が得られる。筈。
 又、プレイヤー間のヘイトバランスを意識する事で、飛竜の攻撃予測を補強・拡張する事も可能となる。

 尚、ヘイトコントロールという名称は概念として一般的に浸透している用語では無い。
 が、所謂上級プレイヤーの大半は、少なくとも感覚的にこれを理解し、利用していると思われる。
(ちなみにここで言う上級プレイヤーとは、ドラゴンセット&滅一門を装備している事とは必ずしも一致しないので注意。)
 「ターゲットコントロール」よりも「ヘイト〜」の方が語呂が良かったので、今回はこの題で記入した。

 又、オフラインでは常に自分がターゲットされているので、飛竜行動のコントロールに関してはより効果的に利用できる。

 因みに筆者がこれを実践できているかと言えば……会得と実践を目指して日々精進中(><。

情報提供 : RedGlassさん

ヘビィボウガン

ボウガンを大まかにわけた2つのうち1つ(もうひとつはライトボウガン)。
ライトボウガンのように機動力と豊富な弾丸で味方をサポートするのではなく、
通常弾貫通弾拡散弾、はたまた徹甲榴弾などの火力の高い弾丸を使って攻撃することを主体とする。
そのかわり機動力は皆無といっていいほどなく、さらに攻撃系の弾丸以外はあまり使うことが出来ない。
特にデュエルキャストはその特徴を色濃く受け継ぎ、通常弾、
貫通弾、ペイント弾?捕獲用麻酔弾?しか撃てない。
この銃火器を使う人間は結構マニアックと言える。
下位?で作れる手軽で高性能なものとしては、
ロックイーターデルフ=ダオラが上げられる。

この武器を扱う注意点としては、
剣士の攻撃を妨げないことが挙げられる。
いくら強いとは言っても、やはり剣士の攻撃の方が火力は圧倒的に高く、それを妨げてまで弾丸を発射しても全く意味が無い。
どの弾丸をいつ、どのように使えばいいのかを考えて行動できるガンナーは信頼できるので(少なくとも技術的には)、
ドンドン援護を頼みましょう。

投稿者:煙草さん 投稿日:2006/07/23(Sun) 20:57

武器の出し入れが遅い。構えたまま走れない。そんな、漢の武器。
とはいっても、そのダメージは高く。
威力300を超えたヘビィはけっこう強いと思う。

毒弾?麻痺弾?を駆使し、サポガンもでき。
もともと高い威力を生かしたアタッカーガンナーもできる。

だが、これらの能力がライトボウガンに無いわけではなく、
サポガンやるならリロードの速さや機動性は欲しく、
それはライトボウガンの方が勝っている。
アタッカーやるにしても攻撃の主軸、拡散弾
爆発でダメを与えるため、ボウガンの威力はあまり関係無い。

しかし、もうひとつの攻撃の軸である、貫通弾とへビィ特有の
まっすぐな弾の軌道を生かし、機動性は愛でカバーし使う人も
少なくは無いはずだ。

しかもさっき言ったように威力が高いため、
通常弾レベル2などで飛竜の脚部を積極的に狙えば、
転倒を高確率で引き起こせる。

オフだと必然的に高台ガンナーになってしまうのが残念。
しかし機動性のなさなどを差し引いた威力を
甘く見ないで欲しいと思う。

ちなみによく一緒にMHPをやる、友達はやる気がうせる程
丘から拡散弾を打ち込む奴ばかりです。

ガンナーとしての楽しみ方はそうではないと思う。
(人それぞれと言えば、それまでだが)
これはMHでのガンナーの大きな問題である。

投稿者:少年Gさん 投稿日:2006/08/03(Thu) 15:15

MH3においては、ヘビィボウガンという名はボウガンのカテゴリの名前だけではなく
ヘビィボウガンという名のボウガン(のパーツ)が存在するのでややこしい^^;

ヘルブラザーズ

 赤鬼・黒鬼、2人のハンターで構成されているコンビ。NPCである。

 自称、凄腕ハンターらしく、無印では黒龍を討伐するまで
常にプレイヤーであるハンターを馬鹿にし続けてきた。
「バハハハハ」だの「バォーーーー」だのといった知性のかけらも無い
話し方だが、狩りに対する知識はそれなりにもっており、
ディアを軽く狩るらしいので実力もモンハン世界では高い方に属する。

…と思われてきたのだが、ドスではいつまでたっても大衆酒場から
抜け出せていないという体たらく。
おそらくHR31以上になって大老殿から狩りに出発することが
ほとんどになったハンターからは忘れられかけているだろう。
 まぁ、過去に「オムツはとれたか?」や「この、ヒヨッコが」などと
いった暴言を吐いたことも許し、時には彼らのことを思い出してあげて
「祇園精舎の鐘の声…」とつぶやくのもよいかもしれない。

投稿者:月さん 投稿日:2006/08/16(Wed) 22:35

までは女レザーライトSヘルム?みたいなフードを被り、常に横向きだったので
その素顔は確認できなかった。筆者もその口調から幾多の戦場を
潜り抜けてきたおっさん×2だと思っていたのだが・・。

しかしドスになり、2人は若い&イケメンであることが発覚。
古龍迎撃戦時、大衆酒場に行ってみてください。)
筆者も驚いたものだ・・。

ドンドルマに来てからはカニ?だのだの古龍だのに苦戦しているのか、
中々上位?に上がれない2人だが相変わらず口は達者。
最近では話しかけたときの「ウッヘッヘー」という
ボイスが気に入り、何かとあれば声をかけている。

投稿者:大地さん 2006/08/18(Fri) 17:57

変獣

桃毛獣ババコンガの別名。

[]

ベッキー

 ギルドに勤めているお馴染みの受付嬢。

勤務中にも限らず居眠りをしてしまうあたりどうかとも
思うのだが、24時間勤務なのである意味居眠りで
済んでいることが驚異的だろう。
自称ハンターギルドの逸材、というのもあながち誇張では
ないかもしれない。

 ちなみに彼女の身に着けている服はメイド?シリーズ零型(推定)、
防御力は合計60(推定)らしい。
無印時代の設定?なのでGになった今はどうなっているのか
少し気になる。もっとも教官装備(クロオビ系)も
60なので変化無し、という可能性も捨てきれない。

 小説版では新人ハンターへのアドバイス、酒場での
乱闘の仲裁?、ハンターのメンタルケアまでこなす
彼女だが、ゲーム中では目の前で人が踏みつけられて
いようと、【ふん文字】なるちょっとアレな行為が
行われていようと、女性キャラが椅子に座っている下で
覗きが行われていようと、オールスルー。
NPCの悲しい宿命である。

情報提供 : 月さん

ベリオサブマラソン

ベリオロスクエストでは、ベリオロスを落とし穴に填める事がサブターゲットの条件に設定されているものがあり、
凍土の採集後にサブターゲットをクリアしさっさと街へ戻る事が可能。

また、凍土の秘境イビルジョーの巣でしか入手出来ない「いにしえの龍骨?」と言うアイテム目当てで
ベリオサブマラソンをするハンターも多い。
猫飯で「ネコの秘境探索術?」を発動させておけばより確実に いにしえの龍骨を集める事ができる。

このマラソンで毎度毎度ベリオロスは落とし穴に填められいい迷惑である。

by:海老侍さん - 2010/02/13(Sat) 22:56:48

ベリオロス

MH3で初登場の飛竜種モンスター
別名:氷牙竜

凍土に生息する中型の飛竜で凍土の食物連鎖の頂点の存在。(神出鬼没のイビルジョーを除く)

ティガレックスナルガクルガの様に4足歩行するが、飛行能力は極めて高く低空をホバリングしたり滑空や急降下等をしてくる。
(体型はどちらかと言えばティガレックスよりもナルガクルガ寄り)

非常に攻撃的な性質をもち、外敵と見なした相手に容赦の無い攻撃を仕掛けてくる。
また、ひとたび怒りだすと青い目が赤く変色し手が付けられない程に暴れだす。
(暗闇では目が発光しており怒り状態か見分け易い。)

全身白色の軽くて頑丈な甲殻と鎧の役割も果たす体毛に覆われており生半可な攻撃は通用しない高い防御力を誇るが、
炎属性や雷属性の耐性が極めて低い。

翼と尻尾に滑り止めのスパイクに当たる棘があり、滑りやすい氷の上でも高い素早さを誇る。
また、スパイクと脚力を活かし壁キック体当たりも可能。

翼や尻尾についている棘は滑り止めだけでなく高い殺傷力を持ち、翼パンチや尾撃はハンターを吹き飛ばすほどの威力を持つ。
(特に尾撃は雪や氷を巻き上げながら尻尾が振られる為に氷属性やられになってしまう。)

全身白色で凍土では目立たない色をしているが、口腔に収まりきらないほど発達した犬歯は
鮮やかなオレンジ色をしており高い殺傷力を持つ。

体内に氷結袋?凍結袋?などの超低温の液体を蓄える内臓器官をもっており、
これを吐きつけ獲物を氷漬けにする雪玉ブレス?を吐く。
その威力は小規模の竜巻が発生するほどでブレスに巻き込まれると雪だるま状態?になってしまう。
また、氷属性の耐性が低いと更に氷属性やられになってしまう。

空腹になるとブレスが不発に終わったり突進後に息切れを起したりするが、
凍りついた生き物の死骸(恐らく保存食)やポポを捕食しスタミナ?の回復を図る。

凍土の食物連鎖の頂点だけあってかなりの危険なワイバーン?であるが、部位破壊することで大幅に弱体化させることが出来る。
翼の爪を破壊するとスパイクとしての機能を失い機動力を大幅に削ぎ、尻尾を切断すれば尾撃のリーチが短くなる。

by:海老侍さん 2010/02/13(Sat) 22:44:50

[]

ペイントの実

独特の臭いを放つ植物の実。
寒冷期によく採れる。
この実を加工したペイントボールペイント弾?
モンスターにぶつけることで、遠くのモンスターの位置を知ることができる。

それにしても、臭いだけでモンスターの正確な位置を知ることができる
ハンターの嗅覚はどうなっているのであろうか?

ペイントボール

目標の位置を知る為には必要なシロモノ。

オフなどで大量に手に入る為に、
基本的に残量に困る事は無い。

雪合戦の如く味方に対して投げる事が多い。

情報提供 : ふりゅさん

ペイントの実

ペット

 飼育されている状態のボスクラスのモンスターを指す。
レイア闘技場訓練を終えたハンターに許された一種の特権。

 基本の強さがあり、それに体調やエサによる多少の上下を
加えて総合的な強さが判定される。

 …さらに言うと飼い主のハンターに対する懐き具合というものがあり、
「野生のままだ」〜「心を許している」まで存在するのだが…
ハンターの多くは恐らく部位破壊まできっちりこなすため、
ある者は尻尾を斬られ、ある者は角を折られ、皮膚をズタズタにされ、
またある者は腹の外殻を無残に壊されていたハズ……。

 えっと、時間かければチャラですか?
ただし、種によって慣れるまでの時間のかかり具合、慣れる確率に差があり
おそらく、そこで誇り高さや知能をカプコンが表現していると
思われる。ドストカゲ3兄弟がやはり一番慣れやすい。
流石は空の王の矜持があるのか、レウスが一番慣れにくい。
亜種ラーは上がらないので除く)
しかし、ここでもツッコミどころが…。
オッコト主様ババコンガでトカゲ3種に次ぐ慣れやすさ。

 …まぁ確かに奴らなら穀物やキノコで簡単に釣れそうだけど。

投稿者:月さん 投稿日:2006/07/22(Sat) 19:30