トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

カテゴリ:モンスター

[モンスター]

ペット

 飼育されている状態のボスクラスのモンスターを指す。
レイア闘技場訓練を終えたハンターに許された一種の特権。

 基本の強さがあり、それに体調やエサによる多少の上下を
加えて総合的な強さが判定される。

 …さらに言うと飼い主のハンターに対する懐き具合というものがあり、
「野生のままだ」〜「心を許している」まで存在するのだが…
ハンターの多くは恐らく部位破壊まできっちりこなすため、
ある者は尻尾を斬られ、ある者は角を折られ、皮膚をズタズタにされ、
またある者は腹の外殻を無残に壊されていたハズ……。

 えっと、時間かければチャラですか?
ただし、種によって慣れるまでの時間のかかり具合、慣れる確率に差があり
おそらく、そこで誇り高さや知能をカプコンが表現していると
思われる。ドストカゲ3兄弟がやはり一番慣れやすい。
流石は空の王の矜持があるのか、レウスが一番慣れにくい。
亜種ラーは上がらないので除く)
しかし、ここでもツッコミどころが…。
オッコト主様ババコンガでトカゲ3種に次ぐ慣れやすさ。

 …まぁ確かに奴らなら穀物やキノコで簡単に釣れそうだけど。

投稿者:月さん 投稿日:2006/07/22(Sat) 19:30

モンスター

モンハン世界で、武器を使って「狩る」ことができるすべての動物のこと。
からまでさまざまな種族がいる。
その1つ1つに生き生きとした表情を与えて下さった
カプコンのスタッフの皆さんに感謝したい。

ちなみに、ポケモン世界では人間以外の動物はすべてポケモンらしいが
モンハン世界には、モンスターでない動物もいろいろ存在している。

たとえば、釣ることが出来る魚や、
捕まえることも倒すこともできないジャングルのエビなど。

投稿者:ひなた

リペイント

色違いモンスターのこと。
MH2では亜種、または希少種とよばれる
ただ色が違って強いだけではなく、原種とは異なる動きで攻撃してくることもある。

亜種

別名、色違い リペイント

モンスターの、姿は同じだが体色のことなる個体。
MHGから登場し、MHPMH2にも継承された。

イャンクックの青
ゲリョスの紫
リオレウスの蒼(リオソウル)、銀(シルバーソル
リオレイアの桜(リオハート)、金(ゴールドルナ
ガノトトスの翠
グラビモスの黒
モノブロスの白(モノデビル
ディアブロスの黒
フルフルの赤
老山龍の蒼(岩山龍
ミラボレアスの赤(ミラバルカン
がある

--

通常色のものより体力、攻撃力が大きく強敵である。
また、通常色のものにはない行動をとるものもいる。

色を変えただけの手抜きだという批判もあったようだが、
装備のカラーバリエーションが増えたのは嬉しい^^

なお、MH2からは、
リオレウスの銀(シルバーソル)
リオレイアの金(ゴールドルナ)
は、「亜種」ではなく「希少種」と呼ばれて区別されている。

2ndG?にて新たに甲殻種牙獣種の亜種が追加された。

体色は
ダイミョウザザミは紫
ショウグンギザミは朱
ババコンガは緑
ドドブランゴは褐色
である。

ただしMHGの頃とは違って見た目にも微妙な差があり、攻撃も原種とは全く違うパターンが存在している。

by:蒼甲鬼さん - 2008/10/01(Wed) 06:50:50

雑魚モンスターのブランゴコンガのこと。
親分であるドドブランゴババコンガのことも含む場合もある。
古龍以上に怖いラージャンも、猿、ですよね。。

牙獣種

モンスターの種類の一つ。『牙を持つ獣達の総称』と、いい加減なような気がしないでもない区別がなされている。
ファンゴコンガドドブランゴなどがこれに所属する。かのラージャンも、一応分類は牙獣種にあたる。
どちらかと言えば、ボスよりも配下のモンスターの方が厄介な存在。
ちなみに、ファンゴ系2種を除けば、他は全てこちらで言うところの霊長類に近いモンスターである。…そう遠くないうちに、ファンゴは牙獣種の分類から外されるのでは、と考えている。

投稿者:ryoさん 投稿日:2006/09/05(Tue) 20:22

 MH2における新たなモンスターカテゴリー、牙獣種。
 基本的に、我々の世界で言う哺乳類に相当するモンスターがこれに分類されており、その名の通り立派な牙を供えている。(小コンガや小ブランゴも口を明けると牙が見える。)
 では一体何故、かれらは揃って牙を備え、牙獣種と呼ばれているのだろうか。

 判り易い例として、ドドブランゴに注目してもらいたい。
 ドドブラはサーベルタイガーの様な立派な円錐形の牙を持っているが、それは上あごに2本のみ。
 その間には、人間の前歯と同じ平らで薄い門歯が並び、牙の奥には臼歯と思われる小さい歯が並んでいる。
(下あごにも、上あごのものよりは小さいがやはり2本の牙がある。)
 コンガ種、ファンゴ種についてもやはり同様の傾向が見られる。

 即ち、牙獣種の牙とは「犬歯」なのである。
 そして、このように門歯・犬歯・臼歯といった用途に応じて異なる形の歯を持つ事は「異形歯性」と呼ばれ、哺乳類の大きな特徴の一つなのだ。

 これに対し、リオレウスの口を見て欲しい、リオレウスの歯はどれも鋭い円錐形をしており、全て同じ形である。
 これは「同形歯性」と言い、哺乳類以外の動物の特徴とされている(若干の例外はある)。

 即ち、牙…発達した犬歯とは、「攻撃性の高い『哺乳類』」を印象付ける重要なキーアイテムと言えるのだ。
 ドドブランゴの歯とリオレウスの歯、どちらが哺乳類的でどちらが爬虫類的だろうか?
 おそらく、逆の印象を受ける人は殆ど居ないだろう。
 カプコン開発(モンスターデザイン部?)はこの点を踏まえ、新たに追加される哺乳類型モンスターに明確な牙を与え、また故に彼らを「牙獣種」と呼んだ…という経緯が筆者には想像できるのだが、いかがだろうか。
 
 また余談となるが、ここで牙獣種以外の例外的な「犬歯的な牙」についても触れてみよう。

 まず、ゲネポスドスゲネポス。彼らが上顎に2本の長い牙を持っている。
 が、その歯は長い2本もその他の短い歯も全て同じ円錐形をしており、これは異形歯性とは言わない。
 現実の動物で言うと毒蛇の毒牙の様なものであり、デザイン的にもそのイメージで作られたのだろうと予想される。

 次にディアブロス。上顎に、ファンゴに似た外に反った犬歯らしきものが見られ、その前の門歯は真直ぐ前を向いている。
 が、いずれも基本的に円錐形をしており、やはり完全な異形歯性とはなっていない様だ。
 この2本の牙は地中を掘り進む補助や、植物の根等を掘り返して食べる際等に用いられている事が予想され、象や猪の犬歯と同様の機能を持つ為の収斂進化(或いは、象や猪のイメージからのデザイン)と考える事もできるだろう。

 最後にテオ・テスカトルテオもドドブランゴに劣らず立派な犬歯を持っている様に見えるが、その前の門歯ともども円錐形の歯となっており、哺乳類的な異形歯性というよりはゲネポスと同様の同形歯性と言える。
 ただし、テオは体毛の存在や、ドドブランゴに共通する行動様式(跳びかかり等)を備える事から、哺乳類的な形質の強い古龍としてデザインされていると思われる。従って、それを補強するデザイン上の要素として意図的に犬歯的な牙を持たせてあると考える事もできるだろう。

投稿者:RedGlassさん 投稿日:2007/01/25(Thu) 17:32

大きな牙を持つ哺乳類型モンスターの総称。

高い知能を持ち、群れを形成し縄張りを徘徊する。
雑食性のものから肉食性のものまで多種多様で、ハンターを見かけると襲い掛かってくる。

殆どの場合リーダー格の個体が存在するが、鳥竜種のリーダーとは比べ物にならないほどの戦闘能力を持っている。

中には群れを形成せず、単独で生活する種もいるが、こちらは群れを作る意味が無いほどの強さを持っている。

by:海老侍さん - 2008/09/27(Sat) 16:34:47

海竜種

ラギアクルスアグナコトルといったモンスターが属する種。
基本的な体型は、長い首と長い尻尾、そして細長いフォルムだろう(チャナガブルは例外で、ずんぐりした体型)。
そして、ヒレのように変形した脚もまた特徴である。
アグナコトルはともかくとして、基本は水中?に棲む。
恐らく、陸上で多くのモンスターと餌を奪い合うよりも水中でなんかを食べて暮らすことを選んだのだろう。
とはいってもさすがに鰓はないので、陸上にあがって休むこともある。陸にあがると弱い(といっても強いのだが)。

by:かま兄さん - 2010/07/20(Tue) 19:29:59

ガンナー泣かせの雑魚モンスター
ヤオザミガミザミのこと。
親玉であるダイミョウザザミショウグンギザミのことも含む場合もある。
超巨大なシェンガオレンも、カニ、ですよね。。

それにしても、蟹というよりヤドカリでは?

希少種

MH2では、色違い(リペイント)飛竜が一般に「亜種
と呼ばれているのに対して、
銀のレウスシルバーソル)と金のレイアゴールドルナ)だけは
希少種と呼ばれて区別されている。

その後、ヒプノックエスピナス?ラギアクルスなどの希少種も登場した。

要は、色違い1色目が亜種、2色目が希少種ということなのだろうか。

魚竜種

魚のような外観をした竜で、水中を泳ぐものや砂を泳ぐものがいる。

一応こちらも、ワイバーンと呼ばれているが飛行能力を殆ど失っており、かつて飛行する為の翼は別目的で使われている。(滑空して攻撃してくる事もあるが、滑空と言うよりは突進に近い。
元々陸で生活していた為か、肺呼吸で時々水中や砂の中から呼吸の為に姿を現す。

飛竜種と並ぶ凶暴性と強靭な肉体を持ち、この種が出没する集落にとってかなりの脅威である。

小型の種であれば、新米のハンターでも倒す事は可能だがリーダー格や大型の種に遭遇してしまった場合は勝機は無いだろう。

by:海老侍さん - 2008/09/27(Sat) 16:14:34

古龍

MH2におけるモンスターの分類の一つ。

腕が翼に変化し、足が2本の「飛竜」に対して
古龍種は4本の手足を持つ「ドラゴン」である。

古龍は天災のようなもので、
“津波がやってきた”“地震がきた”と同じようなものらしい。

クシャルダオラテオ・テスカトルなどはいいとして
キリンシェンガオレンヤマツカミも古龍に分類されるのはちょっと??であるが、
「ふつうの生態系から外れたよくわからない生き物」を「古龍」と呼ぶらしい。

古龍種

四足歩行で大きな翼を持つ大型のモンスター・・・すなわち「ドラゴン」であるが、分類不明な種類のモンスターもこのカテゴリーに入る事がある。

鳥竜種飛竜種と比べ物にならないほどの力を持っており、その脅威レベルは天災に匹敵すると言われている。
風を操る種、炎を操る種など通常モンスターに比べてかなりのイレギュラーな存在である。
共通する点は、龍属性に対する耐性が極めて低いと言う事である。
古龍観測所?は、目撃証言や移動ルートなどを特定し古龍の動向を監視している。

by:海老侍さん - 2008/09/27(Sat) 16:47:30

甲殻種

蟹の様な外観のモンスターで、温暖で湿潤な気候を好む。

大きな群れを作り、水辺を徘徊する。
雑食性で、魚の死骸や苔などの食べられそうな物を手当たり次第にちぎっては口に運ぶ。
腹部がやわらかい種が多く、ヤドカリの様に手ごろな大きさの物をヤド?として利用する。
ハンターが縄張りに入ってきた場合、鋭い爪を振り回し排除しようとする。
成長すると、大型のモンスターの頭骨をヤドとして使う事があり特殊な分泌液で頭骨の強度を高め身を守る。

基本的に性質はおとなしく、縄張りに入ってこない限り危害は加えてこない。

by:海老侍さん - 2008/09/27(Sat) 16:27:26

甲虫種

硬い甲殻をもつ巨大な昆虫類で、基本的に集団で行動する。

温暖な気候を好み、定期的に大発生する。
作物に被害が出る事もあり、多くのハンターに駆除の依頼が入ることも珍しくない。
少数であれば新米のハンターたちでも十分に渡り合える為、一攫千金を夢見る者たちが我先にとジャングルを目指すらしい。

しかし、甲殻自体は硬くても身体は華奢で打たれ弱く、強い衝撃を受けるとあっけなく四散してしまう。
毒素を含んだ武器で、衰弱させれば素材としての形状を保ったまま倒す事ができる。

by:海老侍さん - 2008/09/27(Sat) 15:28:29

獣人種

モンスターの中でも、かなり知能の高い種で獣人族?とも言われている。

低レベルながらも独自の文化を持ち、中には人語を理解する者も居る。
脅威レベルはそれ程高くは無いものの、アイテムを盗む者や爆弾を投げつけてくる者も居るので厄介である。
基本的に殺害する事は不可能で、手痛い攻撃を受けると撤退する。

獣人族の中では、ギルド?に雇われ人間と共生する者も居る。

by:海老侍さん - 2008/09/27(Sat) 15:17:40

獣竜種

ボルボロスウラガンキンといったモンスターが属する種。
基本的な体型としてはティラノサウルスのように前脚がかなり小さくなっており、後脚が発達している。
空は飛ばないが、その分後脚のパワーは目を見張るものがある。
ひねりがなく、ストレートにパワーでゴリゴリ押してくるので、動きを見ながら戦おう。
・・・と書いていたが、結構イヤラシイ攻撃もあることに気がついた。
飛竜とはまた違った強さがあるといって間違いない。

by:かま兄さん - 2010/07/20(Tue) 19:22:41

尖爪目

 牙獣種の中でコンガ種とブランゴ種がこれにあたる。
とがった爪?がとれるというネーミングだろうか。少々安直な気がする。

 ちなみに、彼らは知能の高い猿らしく2足歩行と4足歩行が可能である。
当然、2足歩行の時は前足を腕として様々に活用してくる。
ビンタを仕掛けてきたり、物を投げてきたり、毛づくろいをしたりと
色々なアクションをするのだが…一番印象的なのは寝ている時の
オヤヂくさいお腹ボリボリではないだろうか。
私的にはこのお腹ボリボリをすることから、ラージャン
これに属するのではないだろうかと思う。

投稿者:月さん 投稿日:2006/10/08(Sun) 20:50

草食種

基本的に、危害を加えなければ襲ってこない種であるが、中には好戦的なものも居る。

適応性と繁殖力が非常に高く、あらゆる場所で大きな群れを作り生活している。
食物連鎖の下位であり、肉食モンスターには無力。
ハンターたちからも、食肉目当てで狩られる事がある。

by:海老侍さん - 2008/09/27(Sat) 15:39:42

 モンハン世界では二種類に分けることができる。
即ち、アイテム?モンスターかである。

 主にモンスターであるランゴスタカンタロスのことを
指すことが多い。

使用例:「〜に手柄を奪われた」
    (ランゴスタが飛竜にとどめを刺した)

    「〜撲滅希望」
    (対飛竜戦でランゴによる麻痺・カンタロスによる
     足止めのせいで死亡すると誰もが思うこと、
     ハンターの夢)

    「〜カミカゼ」
    (飛竜や他モンスター、時には他のプレイヤーを
     狙撃したはずの徹甲榴弾をランゴスタが受けて
     撃ったプレイヤーめがけて突撃してくること。
     大体において、爆発した弾・ランゴの爆風で
     吹き飛ばされることになる。ダメージはないが、
     弾の無駄撃ち、吹き飛びエフェクトから結構な
     屈辱を感じる。)

…最後のは私の創作ですが(汗

情報提供 : 月さん

モンスターハンターの世界では、虫は鉱石に次ぐ重要な資源である。

薬品調合される物から、武具の加工に使われる物・・・時にはモンスターとして襲い掛かってくる者もいる。

鉱石類の採掘に夢中になりすぎて、いざと言う時に足りなくなってしまう事もあるので時々採取しよう。

一流ハンターになるならば、虫の採取は必要不可欠である。

by:海老侍さん - 2008/09/23(Tue) 03:37:53

鳥竜種

鳥のような外観と骨格を持ち、非常に高い脚力を持っている。

あらゆる場所に適応し、大規模な群れを作る。
モンスターの中でも種類が多く、基本的に肉食である。
群れを束ねるリーダー格の個体も存在し、通常個体よりも一回り大きく強靭な肉体を持っている。

中には飛竜として扱われる大型の鳥竜種もいるが、こちらは群れを作らず単独で行動する。

by:海老侍さん - 2008/09/27(Sat) 15:51:25

 アイルーメラルーのこと。

盗みをしたり、食事を持ってきたり、果てには
占いまでしてくれる。
基本的に殺さなければ剥げず、作れるご飯は
こんがり肉生焼け肉コゲ肉の三点のみ、
娯楽は提供できないといったハンターより
有能なのかもしれないと日々狩人に
プレッシャーを与え続ける存在。

情報提供 : 月さん

飛竜

MHにおける花形である大型モンスター

 彼らの討伐が主なゲーム目的の一つとなる。

 彼らは即ち、英語で言うワイバーン(Wyvern)である。

 一般の英和辞典でWyvernと引くと「中世の紋章等に用いられる、翼を持つ二脚の架空の動物。飛竜。」…等と書かれている。
 MHにおける飛竜もほぼこの定義に従っており、前肢が変化したと思われる一対の巨大な翼を持ち、二本の後肢で地上を歩行・走行する。

 小型飛竜のイャンクックでも全長9m・体高3mという巨躯を持ち、殆どの飛竜種は一様に高い耐久力と攻撃力、巨体に似合わぬ俊敏性、更にブレス咆哮と言った遠隔攻撃の手段まで備えている。ハンター達が鎬を削るに相応しい強敵と言えるだろう。
 
 
 尚、MH世界では彼らとは異なり「前肢を持つ大型竜」も存在する。
 これは前述のワイバーンの定義からは外れており、言わば狭義の「ドラゴン」である。
 MH本編でも「飛『竜』」ではなく「」と呼称され、飛竜の上位に位置する強敵として登場する。
 
 
 余談だが、最近の映画だと「○ードオブリング・王の帰還」辺りでリオレウス級のワイバーンが登場する。
 ワイバーンファン(?)で未見の方にはお勧め。

情報提供 : RedGlassさん

最近では何気に、特定の飛竜に対して愛情を注ぐ者がちらほらといるような気がする。
ちなみに私もその一人である。

私としては、バサルモスあたりが好き。
あの転げる姿がなんとも言えない。

皆様も、暇があれば、飛竜の魅力を見つけてみてはどうだろうか。

情報提供 : 和己さん

飛竜種

二足歩行で大きな翼を持つ大型のモンスター・・・・すなわち「ワイバーン」。
一部の地域では、食物連鎖の頂点である。

通常モンスターと比べて非常に高い知能と凶暴性を持っており、人間にとってかなりの脅威である。
高熱の火球や高圧電流等の様々なブレスを吐き、強靭な肉体で獲物を仕留める。
新米のハンターでは、まず勝ち目が無く一流のハンターでも命を落としてしまう者は珍しくない。

空を大きな翼で飛ぶ事から飛竜と言われているが、翼が退化し飛行が上手くない者や、ヒレ状に変化して飛行能力を完全に失った者もいる。

by:海老侍さん - 2008/09/27(Sat) 16:05:38

MHMHGMHPにおける
大型モンスターの分類のひとつ。

レウスなどの、前足が変化したと見られる翼と後足を持つ
飛竜」(ワイバーン)と違い、4本の手足を持つ、
いわゆる「ドラゴン」である。

これに属する種で、ゲーム内で確認されているものは
黒龍ミラボレアス紅龍ミラバルカン
老山龍ラオシャンロン)・岩山龍
の4種である。

いわゆる「ラスボス」ですね^^

MH2の「古龍種」とほぼ同義のようです。