トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

カテゴリ:太刀

[太刀]

おにぎり

おにぎりとは鬼神斬破刀?のことです
「鬼」神「斬」破刀
鬼斬=おにぎり

ですが、鬼斬破?の方がおにぎりな感じがします

by:絆太さん - 2008/05/03(Sat) 20:48:35

軍刀【獅子王】

 軍刀シリーズの最終強化版。
 炎妃龍の角を主素材とし、炎妃龍の甲殻、炎王龍の龍鱗や宝玉等を加えて作られる太刀
 青く滑らかな刀身、サーベル型の柄と合わせ、「麗刀」と称するに相応しい外観を持つ。
 性能的にもそこそこの攻撃力と高い火属性値を持ち、火属性弱点への攻撃では太刀の中でもトップクラスの性能を発揮する。

 ちなみに軍刀とは当然「軍で用いる刀」の事であるが、この場合は明治〜昭和初期に日本で用いられた、サーベルの外装に日本刀の刀身を仕込んだサーベル型軍刀を差しての事と思われる。
 明治初期に国軍の近代化に伴い西洋式サーベル(片手握りで主に刺突を目的とする)を佩刀する事になったのだが、これが日本人の伝統的な斬撃刀法に馴染まなかった為、サーベルの柄を両手握りに改造し、日本刀の刀身を装備した軍刀が生まれたのだ。
 尚、当然ながらこれは歩兵や士官の佩刀するものであり、佩き方こそ太刀であるものの(既に紋付袴ではないので刀を「差す」事はできない)その刀身は所謂「打刀(江戸時代の侍が日常差している歩兵用の刀)」サイズである。
 従って、MHに登場する様な大太刀(鎌倉〜室町期に作られた、馬上で用いる長大な刀。)の軍刀というのは普通は存在しない。
 というか、一体なぜ明治期のサーベル軍刀がドンドルマ地方に……まあ、MHらしいチャンポンぶりという所だろうかw。

 また、「獅子王」というネーミングは、一見ナナテオが獅子だから…とも思えるが、実はもう一捻りした説が考えられる。
 平家物語の中で、源頼政(酒呑童子を退治した源頼光の曾孫に当る)が宮中に現れた鵺(ぬえ)を退治した褒美として、近衛天皇から「獅子王」という太刀を下賜されているのだ。
 この鵺は「猿頭狸身、虎の手足に蛇の尾」と言われている…どことなくテオナナに通じるものがないだろうか。
 おそらく、(鵺チックな)テオナナを破った者に与えられる太刀として、この「獅子王」から名前を貰ったものと思われる。
(ちなみに、この「獅子王」は現存しており、重要文化財として東京国立博物館が所蔵している。)

投稿者:RedGlassさん 投稿日:2006/07/22(Sat) 14:06

黒刀【終ノ型】

2ndG?にて新たに追加された黒刀シリーズの最終強化武器。

カンタロスだけでなくランゴスタ女王虫?の素材で強化されているため、
色が深緑から鮮やかな紫へと変化している。

斬れ味が限界である紫にまで到達しており、会心率も25%と高く、防御力+10の効果も持つ。
素材も比較的集めやすいため、G級?序盤においてはかなり優秀な相棒となってくれるだろう

by:蒼甲鬼さん - 2008/12/01(Mon) 22:18:10

黒刀【零ノ型】

カンタロスの甲殻や羽で強化された深緑色の骨素材太刀

他の虫素材武器同様攻撃力が物足りないものの、強化していくことで優れた切れ味を持つようになり、さらには高い会心率や防御力上昇効果を得たりとかなり優秀な性能の武器であるといえる。
しいて弱点を挙げるとするならば素材を集めるのが面倒臭いことか。

元々大剣に分類されていたが、(ドス)以降は太刀に分類される。

by:蒼甲鬼さん - 2008/12/01(Mon) 22:08:44

斬破刀

 オフで作れる対ガノトトス用決戦兵器。

ただ、力押しで行くと宝の持ち腐れになる。(実話)
さらにこれを使うと最初のときあれだけ苦労した
キモクエ?も格段に楽になる便利武器。
 
攻撃力、属性、切れ味、全てにおいて
申し分のない性能を持っているが、
鉄刀シリーズと外見が全く変わらないことに
不満を感じているハンターも多いはず。

 ちなみに名工≪ブシドウ?≫の作らしいが
作っているのは爺か村の若造……。

情報提供 : 月さん

ドスでは新武器太刀に分類された。
大剣だった頃に比べると攻撃力が若干ダウンしているが
太刀に分類されたことにより大剣より攻撃回数が増えたため
無印の時よりは使いやすくなったともいえる

余談だが今回この武器の説明には
ふらりと現れた東方風の男が鍛えた見事な刀。
その後その男は製造法だけを残し姿を消した
…とある。恐らくこの『東方風の男』が名工≪ブシドウ≫であると推測される。つまりドスをのぞくシリーズではその男が残した製造法を元に作るため名目上は(?)ブシドウなる人物の作ということなのだろう
ちなみに私の愛用する太刀でもある
鞘に紫色の帯がついておりそれがなかなかイカス!

投稿者:ガウルンさん 投稿日:2007/01/26(Fri) 19:16

大長老の脇差

 ある条件を達成すると大長老より渡される[攻撃力768 火属70]の太刀(強化可能)ゲージもそこそこ有り良い武器であるとは思うが凄いのはスペックではなく説明の方である。
 かの大長老は『この刀によって老山龍の尻尾を斬り落としたとか。』とゆう一説があり初見の際に抱くこの人なら『古龍を殺れるのでは?』とゆう思いに見事応えてくれた(?)一品でもある。
 しかしサイズはハンター用のサイズであり受諾後にも大長老の手には同じデザインの(巨大な)刀が握られている事からも昔(今と比べて大分小さかった頃)使っていた物かレプリカであるとも思われる。
 なお筆者の個人的な感想(妄想?)ではあるが砦蟹が街を襲うのはあの老山龍の頭殻こそ尻尾を斬られた当人(当龍?)でありその怨念が蟹に街を襲わせているのではないか?と思っている・・・。

投稿者:殺音=Serfeedさん 投稿日:2006/06/10(Sat) 10:57

 「脇差」とはお侍さんが腰に大小2本の刀を差しているうちの小さい方で、メインの長いほうの刀(本差)が使用不能になった時などに使う小刀の事を言います。
 江戸時代の侍ではだいたい30〜60cm程度のものが主流であったようです。
 つまり、あの大長老用の脇差であるから、普通の人間にとっては大剣サイズであるという代物なのでありますw。
 大老殿で大長老が持っているのが本差なのでしょう。

投稿者:RedGlassさん 2006/06/10(Sat) 15:21

鉄刀

大剣・・・なのだがあの細い刀身と振りかざした時の『ひゅん』という音から察するに大剣に分類して良いのか少々疑問がわく。
ジークムント?などのゴツイ大剣を使った後に鉄刀を使うと折れてしまうのではないかといささか不安になってくるナイスな武器。

しかしそんな細くて軽そうな大剣も地面にたたきつけると軽く土がえぐれる。

情報提供:漢馬超さん

※その後、新武器ジャンル太刀に分類される

天上天下無双刀

 数ある大剣の中でも最高の攻撃力を誇る無属性の武器。

その名の通り、この大剣には天上もとより天下に至って右に出るもいないとされていたが、実は二つ、同等の大剣(龍刀【紅蓮】)と大鎌(ダークトーメント)が右と左に並んだ。
 左の鎌に至っては、切れ味が悲惨に少ない点が幸となり、性能の差は無双刀が上にたった。
 しかし、右に並んだ大剣は最高切れ味ゲージ(緑ゲージ)も差して変わらず、かつ強力な龍属性を備えているため完全にお株を奪わてしまい、天上天下無双とまでといわれた大剣が井の中の蛙に成り下がった瞬間だった。

 それだけではなく、龍刀は更に生産性にかけても龍刀の方が安易であるとのとトドメをおみまいし、無双刀はネタ化されつつあるが、無属性こそ正に真の漢であると信仰するハンターにとってこの上ない漢の中の漢の武器である。 そのことから以外と人気は高いが結局あまり見かけられないシャイで硬派な大剣。

情報提供 : kensanさん

※その後太刀に分類される

龍刀【紅蓮】

 龍刀【焔】最終強化版。知らず人知らずのMHの中でも最上位級の部類に入る究極の大剣である。おそらくこれ一本あればどんな飛竜も脅威でなくなる。

 攻撃力が無属性最高の攻撃力を誇る大剣、天上天下無双刀と並んで960であり、加えて龍属性46のお墨付きであるとんでも武器のひとつである。

 この龍刀の存在のおかげで大半の大剣はお蔵入りか、闇に葬り去られるか、売り飛ばされるかのどちらかである。また、焔の生産も初〜中盤から可能なので、その延長上で紅蓮に強化できるのは時間の問題である。

 このことから、無属性大剣の存在意義を完全に奪い取ってしまうため、無属性愛好会のハンターから邪道視される事も多々ある。あまりにも強すぎるため、ゲームバランスを崩壊しかけない諸刃の剣である。

情報提供 : kensanさん

※その後太刀に分類される

龍刀【朧火】

龍刀【紅蓮】から強化できて、とてもつもなく強力な大剣

イベクエ岩山龍のクエの報酬でゲットできるラオシャンロンの蒼角がいるためこのクエがでるまで誰もつくれなかった夢のスペシャルウェポン。

素材からわかるように龍刀代々伝わる赤色ではなく、青色なのでそこらへんはちょっと驚くことができる。

暁丸・皇と装備すると青一色なのでエヴァ零号機・改と言われることが少なからず一回はあるであろう。

情報提供 : Temuzinさん

※その後太刀に分類される