トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

ガノトトス

ガレオスと同じく魚竜種。飛竜の中でも巨大な部類に入る。
これを上回る体格の飛竜はせいぜいグラビモスくらいか。
ガレオスが砂を泳ぐのに対し、こちらは正統派に水を泳ぐ。
一応、飛竜ではあるが、飛竜の特徴である翼はヒレになっていて、飛べない。

通称を「水竜」と言うのだが、外見は魚。しかし、水竜の名に相応しく、水中から強力な水ブレスを放つ。…あれ、もしかしてより魚っぽさをアピールした?
たまに地上に上がってくるが、大抵はすぐ逃げる。踏まれるとかなり痛いので注意。一定の地点から飛び込むので落とし穴をしかける時はそこに仕掛けるのがベスト。
音にかなり敏感であり、ガレオス等と同じように、音爆弾徹甲榴弾拡散弾を当てると飛び上がる。
が、ガレオスと違ってそれだけでは地上で悶えることはない。
むしろ、烈火のごとく怒り狂う。
が、この種は怒り狂うと敵対心を露にして、地上に上がっても逃げることが少なく(一定上の距離が離れると逃げる)なる。
ただし、先も言ったがこれはガノトトスが怒り狂っている状況の話である。元々、並外れた攻撃力と攻撃範囲で恐れられている飛竜が、ブチキレているのだからさあ大変。下手をすればただ一度のミスでベースキャンプ行きになりかねない。が、地上での攻撃は隙が大きいので、危険な状況でこそあるが、同時に最大の攻撃チャンスでもある。

カエルやエビなどが好物。それ故に、釣りカエルで釣り上げることも可能(ただし、こちらに気づいてない時に限る)。釣り上げられた直後のガノトトスは大ダメージを受ける上に一定時間、全くの無防備になる。…すげぇなハンターw時々、死体からエビの殻を剥ぎ取ることもある。

その攻撃力や、攻撃範囲、攻撃チャンスの少なさも勿論だが、何よりいやらしいのがこの飛竜、出現する場所が虫が湧いてたり寒かったり狭かったりするエリアに限られているので、非常に戦いにくいことであろう。
ガノスに攻撃しようと思ったら後ろから虫の攻撃を喰らって、そのままガノスの攻撃を喰らって昇天、などという話は日常茶飯事。

長くなったが、最後に一つだけ。
……水中で死なすと泣きを見ます。

投稿者:ryoさん 投稿日:2006/02/16(Thu) 03:37

[,魚竜種]