トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

クシャルダオラ

 MH2における古龍種の中で、風翔龍と呼ばれる龍。
 外観的にはは巨大で幅広な翼と黒灰色の表皮を持つ典型的なドラゴンと言える。
 MH2新モンスターの中でも最初期から公開され、TGS等のプレイアブル出展にも出現。
 間断無い飛行と風圧、即死級の威力を持つブレス等により体験プレイヤーを恐怖のずんどこに落し入れたと言う。

 尚、このクシャルダオラという独特なネーミング。
 筆者の一仮説に過ぎないが、あるいは「ルドラークシャ」という単語を転置してクシャ・ルドラー→クシャルダオラとなったのではないだろうか。
 「ルドラークシャ」とは菩提樹の実の事で、仏教では神聖なものとして数珠の材料等に使用される。
 又、これは「暴風神ルドラの眼」という語意であり、吹き荒れる暴風を纏う風翔龍に相応しい語でもある。
 ルドラは破壊神シヴァと同一視される事もある古代インドの暴風神で、モンスーンやサイクロンといった風雨が神格化されたものでもある。

 (ちょいと時期尚早だが、)テオ・テスカトル同様、古龍種には古代の神に因んだ名前が多いようだ。
 それは時に人の命を奪い、時に恵みをもたらす大自然の神格化された姿である。あるいはそれは、MH世界における飛竜そのものであるとも言えるだろう。

投稿者:RedGlassさん 投稿日:2006/01/29(Sun) 18:18

  MH2から新たに加わった古龍で、別名鋼龍
パッケージやOPムービー、MH2の公式ページでも大々的に扱われており、
大幅に追加された古龍種達を、そしてモンスターハンター2というゲームを象徴する存在となっている。

 今までは古龍と言われると、攻撃力は高くても動きが非常に遅かったり、
鬼ヶ島or神ヶ島?拡散弾を撃っていれば勝手に倒れてくれたりといったイメージしか無かったが、
今作の古龍種の象徴的な存在だけあって、拡散弾だけで倒れるほど甘い相手ではない。
体長こそ意外に小柄だが(ドスガレオスリオレイアと同程度)、
当たると見事に吹っ飛ぶ風ブレスをはじめ、空中からの風ビーム、比較的隙の小さい突進、
素早いバックステップ、飛竜とは比べ物にならない速度の反転、近づくハンターを吹き飛ばす風バリアなど、
同じ黒色でも、のろのろと動いていた黒龍とは比べ物にならないスピードで襲い掛かってくる。
しかも、今作から新たに「雪山」「雪だるま状態」が加わった事により、
雪山で風ブレスをもらうと大ダメージ&雪だるまで回復不能という、最悪の状況に追い込まれることとなる。

しかし相手も生物。弱点は必ずあるもので、雷、龍、毒属性の攻撃には比較的脆くなっている。
特に毒状態になると、何故か風バリアが発生しなくなるので、
パーティに一人毒属性武器があると、近接ハンターはとても楽になる。

慣れないうちは、その機動力と攻撃力に翻弄されてしまいがちだが、
よくよく見ると意外に隙は多く、手馴れなハンター達にカモられてしまう可能性も決して高くはない。
また、オフでの初戦闘は、「2回撃退した後討伐」という、黒龍と似たような形式をとっているのだが、
初戦の密林だと、毒投げナイフを数本投げた後、少し斬るなり殴るなりすれば
5分も経たずに撃退できてしまうのは、正直どうかと思う。
(砂漠や雪山ではやや体力は多いが、毒投げナイフ→殴り斬りをしていればやはり早々に撃退or討伐できてしまう)
・・・ここまでパッケージやムービーで大々的に取り上げておいて、こんなにあっさり討伐できてしまっていいのだろうか。

投稿者:フィッシュマンさん 投稿日:2006/03/16(Thu) 02:45

 鋼龍の二つ名を持つクシャルダオラの外殻や鱗はその名の通り金属のような性質を有しており、電気をよく通し錆びさえする。
人間が風呂に入らないと身体が痒くなるように、クシャルダオラも身体が錆びるとイライラするらしく、わざわざ街まで降りてきて暴れまわってくれる。
一体街になにがあるというのだろう。北方謙三に相談でもしたのだろうか(下品で失礼)。
しかしこのクエストで真に暴威を振るっているのは天を覆い隠すガブラスと地を埋め尽くすイーオスの群れであるだろう。
錆びたクシャルダオラは能力上差はないものの亜種に分類されており、
この街に襲い掛からんとする爆風を退けた者には、
通常のクシャルダオラから得られるものとは異なった称号が贈られる。

投稿者:SIN2さん 投稿日:2006/05/14(Sun) 21:58

 MH2の古龍種代表。
漆黒の体に風を纏った、正にドラゴンといった感じの姿を持つ。
力の方も半端じゃなく、一撃で他のブレスの倍は吹き飛ぶ風ブレス、
雪山での脅威になるゴミ掃除など、強制イベントの中盤に出てくるレベルとしてはかなりキツイ。
しかし、毒に弱く、毒投げナイフ3発で毒状態になる上、
角を折ってしまったら体を纏う風が無くなる(毒状態でも同様の効果)。
また、閃光玉にも弱いので、一度慣れてしまうと簡単に狩られてしまうのが現状。
ちなみに爆雷針にも弱い。
ハンターは非情である。

投稿者:煙草さん 投稿日:2006/06/17(Sat) 21:05

ちなみに、頭を攻撃して横転させることができれば、
しばらく風ガードが無くなりだいぶ楽になる。
しかし、角を破壊したわけではないので、
風が消えている間に破壊しておきたい。
コレは炎龍にも有効なため、頭を重点的に狙っていこう。

投稿者:アルスさん 投稿日:2007/01/10(Wed) 17:25

[,古龍種]