トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

チャナガブル

トライ新規登場の海竜種
見た目は思いっきりチョウチンアンコウ。
頭の先にあるチョウチンで閃光を発する、チョウチンが破壊されると閃光が出来なくなる、水草に擬態するが、その状態では剥ぎ取り?が行なえる等、
ゲリョスに似た特徴を持っている。
また、ヤマツカミのような吸い込み攻撃も持っており、喰らうと水やられ状態?となる
(即死するほど凶悪ではありませんw)。

水中での操作が不慣れなままで行くと時間切れになるかも。モガの森でしっかりと操作を身に付けてから挑みましょうね!

ちなみに尻尾も切れます。

by:JUNさん - 2009/08/12(Wed) 19:53:40

筆者の初見の印象は「これは魚竜というか魚類だろ!」であった。(分類は前項の通り海竜種)
確かに腹側に四本足があるし、陸上でも活動できるが、
魚類でもカエルアンコウのように足のようなヒレで水底を歩くものも、肺魚のように空気呼吸が可能なものもいる。
ひょっとするとこの世界での「竜」という語は、「獣よりも巨大で強力な生物」という意味なんじゃないだろうか、
と思ったりもする。

さて、チャナガブル魚類疑惑はさておき、読者諸氏の中には魚類と言うと脊椎動物の中でも下等な生物なのでは
と思われる向きもあるだろう。
しかし地球上の70%は海、そしてその海の覇者は魚類である。脊椎動物の種の実に半分以上は魚類なのだ。
彼らは地上の動物に劣らず様々な進化を遂げており、それらの生態からチャナガブルというモンスターが生まれたことは
想像に難くない。

チョウチンアンコウのような発光器を持ち、ハリセンボンのように無数の棘で身を覆い、カレイの如く水底に擬態し、
アカエイの如く尾に毒針(麻痺)を持ち、ピラルクのように獲物を水ごと吸い込み捕食する。
まさに魚類スキルのデパートである。やっぱり魚類なんじゃないのか。

ちなみにアンコウもフグもカレイも美味な魚として知られる所から、筆者が街で「煮付けか鍋にしたい」と発言したところ、
同行して頂いていたフレさんから「棘取るのがたいへんそう」とのご指摘。全くごもっともです。

by:RedGlassさん - 2011/06/04(Sat) 14:12:56

ちなみに、チャナガブルの素材には「灯魚竜の棘?」というものが存在するが、
その説明文には、「"数少ない"食べれない部分…。」とハッキリ書かれている。

筆者がこの事を知ったとき、「コイツ食えたのか・・・!」と本気で思ったものである。

by:Try.axさん - 2011/08/20(Sat) 11:12:32

[,海竜種]