トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

大剣

文字通り、ハンターの身長ほどもある、長大な剣。
超小型〜超大型の全てのモンスターに対し、ハンマー以下ランス以上の威力の攻撃を叩き込む事のできる、ソロプレイでは最も取り回しの良い武器。
ただし、分かりづらい剣の腹で命中させ、尚且つ最も振りぬき速度の速いタイミングで当てなければ、最大威力は期待できないと言う、全武器中最もシビアな命中判定を持つ。
多人数プレイではランスほど重宝されないが、それは攻撃範囲の広さから来るふっ飛ばしの危険性故である。特に片手剣ハンターからは敬遠されがちである。
本当に大剣の扱いに熟達したハンターは、初心者にある種の憧憬を感じさせる。と著者は思う。

 また、大剣の特徴として『攻撃の基本威力が全て38〜48と安定している』事と、『片手剣以上ランス以下の防御性能のガードを、切れ味を対価に行える』事が挙げられる。
前者の特徴のメリットとして、ほぼ同じダメージを与えられると言う事が挙げられる。だがデメリットとして、一気にカタをつけたい時には煩わしく感じる事もある。(注:ドスでは『溜め斬り?』なる攻撃が追加されたらしく、ひょっとすると溜めMAXでは基本威力50以上の攻撃も出せるのかもしれない。)
後者の特徴のメリットとして、リオ系の使用する炎ブレスフルフルの体内発電を、格好良くダメージ軽減を図る事ができる。デメリットは、例え風圧をガードしても切れ味が僅かに下がる分だけ砥石が余分に必要になる事である。

尚、大剣を装備し、飛竜の腹下に居座って迷惑を顧みずなぎ払いと切り上げを延々行うハンターは『勇者様』と言われ忌み嫌われるらしい。

投稿者:RyWTさん 投稿日:2006/02/15(Wed) 08:50

[,大剣]