ひなたの雑記帳

最近はセカンドライフで遊んでいます

セカンドライフのはじめかた(8) 「マーケットプレイス」でお買い物

market00

今回は、セカンドライフ世界の通販ともいえる「マーケットプレイス」でお買い物をしてみましょう。
※追記あり

セカンドライフの中の世界「インワールド」にはたくさんのお店があって、いろんな物が売られています。
でも、どこにどんなお店があるのかわからないと買いにも行けませんね。
でもご安心ください。secondlife には通販サイトのような物があるのです。
名前は marketplace
アドレスは http://marketplace.secondlife.com/ です。
早速アクセスしてみましょう。

market01

ごらんのように英語のサイトですけど、
画面の左上に言語の切り替えがありますので

market03

日本語バージョンにすることができます。
ただし、ほとんどの場合日本語になるのは左側のカテゴリの表記だけで
個々の製品の説明まで日本語になるのはまれです。

market04

ミネラルウォーターのペットボトルが欲しかったので warter bottleで検索してみます。
いっぱい出てきましたね。

あ、あと製品を買うためには、右上の「Sign in」をクリックして、
secondlife のアバター名とパスワードでサイトにログインしておく必要がありますからね^^

market05

よさそうなボトルがあったので、クリックしてみると製品の単独のページになります。
「今すぐ購入」をクリックするとレジに進みますので、支払いを済ませると
持ち物のなかの Received Items folder というところに、ただちに製品が送られてきます。
(このとき、secondlifeにアバターでログインしていても、いなくても問題ありません)

受け取ったボトルを早速出してみましょう。

market09

でかっ!

でもご安心を。この製品は「編集」できるので、ちゃんと普通の大きさになおすことができました。
製品の表示に  Copy Modify Transfer とか、略して C M D とか書いてあることが多いですけど
それぞれ、製品がコピー可能なのか、編集可能なのか、他人に譲渡可能なのか
を示しています。このボトルは Modify OK だったわけですね。

market06

つぎに snow rabbit というキーワードでで検索してみましょう
なんだかとっても美人さんなアバターが出てきましたよ^^

market07

これは、日本人のクリエーターさんが作った、世界でも最高水準のアバターです。
お値段もそれなりに高いですけどね。
さいわい、「デモバージョン」がありますのでそれをためしてみることにしましょう。

market08

このデモバージョンは無料(0リンデンドル)です。
買う物の値段が0L$の場合、レジに進む前にこのような広告が表示されます。
下の「注文する」をクリックしないとレジに進めないですからご注意ください。

snowrabbit

ひなた、デモを装着してみました。
こんなふうにいろいろへんなものがついて「デモ版だよーー」っていっているわけです。
これで気に入ったら、正式バージョンを購入すれば晴れて美女に変身できるわけです。
すごいですねー^^

ただ、顔のクォリティが上がったら、髪も、服も、みんなクォリティあげないとちぐはぐなことになります。
それに、いまのところ、このアバターの顔はこの1種類だけなので、この顔は「わりとよく見かける顔」なんです。

そのうち新製品がつくられて、バリエーションも増えて、もっとクォリティが上がっていくのかもしれませんね^^

初期状態の顔
2007年、誕生直後のひなた

ひなたがSecondlifeの世界に生まれた直後はこんな顔だったんですよ^^;
2007年にちょっとかじったきりの人は、いまでもsecondlifeのアバターはこんなレベルだ
と思ってる人もいると思いますけど、じつはすごく進歩しているのです。

hinata

でもわたしは、この顔のままでいい・・

※追記
セカンドライフ内のIM(インスタントメッセージ。メールのようなもの)で送られてきたメッセージなどをクリックするとマーケットプレイスに誘導されることがありますがそれは偽サイトかもしれません。
いわゆるフィッシング詐欺でIDとパスワードを盗まれてしまう危険があります。
IMなどで送られてきたアドレスは開かないのが安全です。

セカンドライフのはじめかた 次の記事
セカンドライフのはじめかた(9) ケモノになってみましょう1