ひなたの雑記帳

最近はセカンドライフで遊んでいます

ひなたのお気に入りメカニック

SecondLife

Snapshot_111

仮想世界セカンドライフには魅力的なメカがたくさんあります。

これはアニメ「装甲騎兵ボトムズ」に出てくる「スコープドッグ」のアバターです。
以前紹介したパトレイバー・イングラムの作者の方の作品です。

Snapshot_112

目にあたる部分「ターレット」が回ります^^

Snapshot_114

アームパンチも出せます

atm09

HUDと呼ばれる追加の操作パネルでさまざまな動きをさせることができます。

なお、これはサイズこそ大きいですがあくまで「アバター」ですので
自分のアバターが乗り込んで操縦出来るわけではなく
自分がスコープドッグに変身するということですので、念のため。

わたしが購入したのは一番安価なノーマルタイプですけど、
レッドショルダーなどのスペシャルな機体も売られています。

あなたも、セカンドライフでキリコになりきってみませんか?「むせる~」
 
 
Snapshot_115

これは、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場するタイムマシン「デロリアン」です。

Snapshot_116

ふつうに2シーターの車として運転することもできます。

Snapshot_117

ガルウイングドアもかっこよく開きます。

Snapshot_118

さすがに時間旅行をすることはできませんが、
これがただの車ではないところは、行きたい場所を登録しておくと、

Snapshot_119

そこにテレポートすることができるのです(ただし同じ区画(SIM)の中に限る)
そのときに、タイヤの跡が燃えればいうことないんですけどね^^

Where we’re going, we don’t need roads!
 
 
Snapshot_121

3つめは、アニメや特撮のメカではなく、オリジナルのメカになります。
TIBIEEDER とよばれる、小型の飛行機です。

Snapshot_125

Secondlifeの飛行機はリアルさを追求して操縦が難しいものもあれば、
扱いやすさを重視したものもあります。
この TIBIEEDER は、高性能なのですがとても扱いやすいのが特徴です。

Snapshot_122

コクピットの内部も細かく作り込まれています。

Snapshot_120

3人乗りで、ハッチの開閉も出来ます。
飛んでいる途中で操縦を乗っている他の人に渡すことができたりします。

Snapshot_126

何もないところからクリエーターさんが創造した翼、なのです^^

毎度言っていることですが、これらのすばらしいメカニックは、
運営であるリンデンラボ社が作ったものではなく、ユーザーが作り上げたものです。
もちろん簡単には作れないのですが、技術と情熱があれば

「作れないものはない」

のかもしれません。
 
 

 
Snapshot_118
 
スコープドッグが置いてあるお店「GRAM」
ほかにもイングラム、ゲルググ、電車 などいろいろ置いてあります。
http://maps.secondlife.com/secondlife/Akiba/120/49/21
 
Snapshot_119
 
デロリアンが置いてあるお店「Novatech」
ほかにも、SF的ないろんなものが売られています。
http://maps.secondlife.com/secondlife/Gallifrey/128/89/58
 
Snapshot_117
 
TIBIEEDER が置いてあるお店「Orange Forest Seaside Square」
TIBIEEDER を搭載する大きな宇宙船なども売られています。
以前あった大きなお店は閉じられたようで、こじんまりとしたお店になっています。
http://maps.secondlife.com/secondlife/Snout/114/86/30