ひなたの雑記帳

最近はセカンドライフで遊んでいます

Digital Farming System

DFS, SecondLife


 ふと思い立って、DFSというものを試しにやってみることにしました。

 Digital Farming System(DFS)は、仮想世界セカンドライフの中で、とあるユーザーグループが作り上げたバーチャル農業システムです。私の家「ひなたの秘密基地」はいちおうカフェなので、そこで飲めるコーヒーを作ることを目標にしました。とりあえずDFS本店から買ってきた畑の土(Dirt Field)と、井戸(Warter Well)を設置しました。


 井戸からは、バケツ(Bucket)とか樽(Barrel)で水をゲットできるようです。バケツは調理用で樽は畑の水まき用だそうです。


 畑に水をやり、肥料(Fertilizer)を施しました。これがどんなスピードで減少するかが問題ですね。。あまり早いとやってられない。。


 コーヒーの種(Coffee Seed)を植えました。表示では、3日で育つようです。


 お手入れ(tending)をしたら、すぐ芽が出ましたよ。どんな頻度でやればいいのかな。。あまり情報はありません。


 HUDの緑の線が少し減少しています。行動によって体力(EP)が減るようです。わたしは畑を1つしか持ってないので作業してもあまりEPは減りませんが、畑をいっぱい持っているとすぐ減っちゃいそうですね。そしてEPの最大値は最初100ですが、経験値的にだんだん増えていくようです。


 畑と井戸の位置を家の近くに移動しました。コーヒーの苗、きのうより育ってる?


 わたしがDFSをはじめたときいて、おともだちのふろーさんがくれた魚のソテー(Fish-Baked)です。食べ物にはEPを回復させる働きがあります。ふつう、SLのなかにある食べ物や飲み物はただのオブジェであってせいぜい食べるアニメーションをする程度ですが、このDFSの食べ物にはちゃんと意味があるのです。


 いただきます。「ピリッとした風味があるレモン。口の中で完璧に溶ける、薄切りの柔らかい魚・・・」みたいなコメントが英語で出ます。ごちそうさまでした。


 EPが86→102に全回復しました。調べてみたら Fish-Baked の EP回復量は 23だったのでちょっともったいなかった。


 畑を見学しに来て、いきなり反応がなくなったあやさんwこのあとあやさんもDFSはじめたそうですが。。。


 3日たったのでコーヒーが収穫できるようになりました^^


 収穫したところ、コーヒーの種(Coffee Seed)と調理用のコーヒーの実(Coffee Basket)が1つずつ手に入りました。この実からどうやってコーヒーを作るのか。。


 コーヒーの実は coffee basket(3) というファイル名なので、これはたぶん3個分が1まとめになってるんでしょう。これを、すりばちとすりこぎ(Mortar and Pestle)にセットすることで先に進めるようです。
 HUDのCraftをひらいて、5番スロットをクリック。コーヒーの実をクリックしてcookを選択。これで5番スロットに実がセットされます。このスロットを間違えると食材が無駄になってしまうそうなので慎重に。。
 そしてすりばちとすりこぎをクリックすると調理がはじまります。


 1回目のチャレンジ。1分間待てば。。コーヒーが手に入るのかな。。「Work failed..」はぁ!?失敗した??そして、OOPSIEというなぞのアイテムが送られてきました。。これは、あれだ。モンハンの調合に失敗したときの「もえないゴミ」のようなものでしょうか。。調合の成功確率、みたいなものがDFSにもあるのでしょうか・・・料理の成功率を上げる方法があるんでしょうか・・

 2回目。スロットに食材が入っている状態でビューアがクラッシュしてしまい、食材が失われました;;

 3回目はなんとか成功して、コーヒー豆(Ground Coffee)を入手できました。groundは「地面」じゃなくて「挽いた」という意味なんですね。

 結局、3回分あったCoffee Basketのうち1つしかGround Coffeeにすることができませんでした。歩留まりわるいわぁ。。


 歩留まりが悪いなら、数をこなすしかない。ということで、畑とコーヒーの種を2つずつ買ってきて、3倍に拡大しました。。肥料はふろーさんにもらったもので。


 調理の腕を上げるには調理しまくるしかない。。と思ったわたしは、「市場」に行ってトマト(Tomato Basket)を買い込みました。このように、仮想世界セカンドライフの中にはDFSの農産品を売買できる場所があるんです。海外の大規模な市場もありますが、ここは日本の人が開いている市です。


 比較的簡単に作れるトマトスープ(Tomato Soup)をつくります。(お昼なのでリアルでおなかがすいてきました。。)


 トマトスープできました。しばらくこれでお料理の経験値を上げよう。。たぶんDFSのこのあたりは、モンハンで言えば「薬草」と「アオキノコ」で「回復薬」を作るとか、「生肉」を焼いて「こんがり肉」にするような基本のキ、なんでしょうけど、なんか楽しい^^


 現実世界ののお昼御飯が済んだので、ふたたび仮想世界でトマトスープを作りまくるひなた。
 モンハンのアイテムは、ポーチまたはBOXのなかにあって、文字とアイコンだけで表現されていて、オブジェクトがその世界に出てくることはないのですが、DFSはオブジェクトもあるのでより臨場感がありますね^^


 簡単なお料理第2弾。目玉焼き(Fried Egg)をつくってみます


 目玉焼き、できました。こんなふうに簡単なお料理をしまくることで、調理スキルのようなものを上げようと考えていたのですが。。。

 DFSに詳しい方に聞いてみたら「調理は確率で失敗することはない。失敗するとすれば、食材を入れるスロットを間違えたか、調理が出来上がっているのに放置すぎたか。」とのことでした。たぶんわたし、できあがってるのに目を離したんだわ・・

 つまり、料理しまくりは「無駄」だったのです。でも楽しかったし、いいじゃありませんか^^


 いよいよ 目標だったコーヒー(Coffee Cup) を作ってみることにします。スロットを間違えない、目を離さない。。


 できました!コーヒーというよりカフェラテ?(このアイテムは本当はテーブルに置いて使うのではなく、装着してからタッチして使います)飲んでみると「よし、なんでもできる準備ができた!」のような気合が入ったっぽい英語のメッセージとともに、EPが10回復しました。

 ちょっと回り道したけど一応の目標までたどりつきました。次は Breakfast Blend とか Double Vanilla Cinnamon などのアレンジコーヒーに挑戦してみたいと思います^^

 DFSでできたアイテムはリンデンドルで売り買いできます。なかにはそれを利用してお金儲けをしようとするようなひともいるでしょう。そのための、効率とか最適解とかがきっとあるのでしょう。でもわたしはそんなのには興味なしです。プロセスを楽しみたいですね^^
 そして、こんなおもしろい農業シミュレーション?が、運営ではなくユーザーの手で作られたものであるということにまた感動するのでした。セカンドライフというプラットフォームの凄さをあらためて感じましたね^^