ひなたの雑記帳

最近はセカンドライフで遊んでいます

セカンドライフのはじめかた(6) SecondLifeに送金するには

6.SecondLifeに送金するには
※追記あり

※追記
リンデンラボ社はリンデンラボ以外の業者がリンデンドルを再販することを許可するための認定制度を2015年7月で終了すると発表しました。この影響で、2015年7月28日正午以降は、この記事の方法で日本円をリンデンドルに変えることができなくなります
クレジットカードを使えば問題ないのですが、カードを使いたくない、または持っていないかたが、リンデンドルを購入する方法についてはまた新たな記事を書きたいと思います

5で紹介したような、フリーアイテム、ラッキーボード、ハントなど、
SeconLifeはお金を全く使わなくてもいろいろ楽しむことが可能です。
じっさい、このような無料の遊びだけをしている人たちも多くいます。
ですがわたしは少しでいいからお金を持っていた方がより楽しめると思っています。

この記事ではSecondLifeの世界のアバターにお金を送金する手順を説明します。

(この記事の方法は送金方法の一例で、他の方法もあります。)

(1)コンビニに行ってBitCashを買う
コンビニ各社は店内に情報端末を持っていますよね(ローソンだったらロッピーとか)。
その端末を操作して、BitCashを買います。くわしい手順はお店で確認してください。

送金したいお金(日本円)を端末で選択して、レシートのような物を機械に印刷してもらいます。
(Bitcashには、STとEXがありますが、どっちでもいいです)
(ちなみにわたし、ひなたは月に3000円ぐらいお金を入れていますけど、
 初めての方はとりあえず1000円で十分です。)

そのレシートのような物をレジに持って行き、お金を払います。すると、なにやら紙がもらえます。
その紙には「まもろえてやわむふま・・・」みたいな意味不明のひらがなが書いてあります。
その紙を持っておうちに帰ります。

(2)SecondLifeの中のATMへ行く
SecondLifeにログインして、画面右上を見ると現在の所持金が表示されています。たぶん、ゼロですよね^^
前回の記事でも紹介した地点
http://slurl.com/secondlife/Japan/127/121/24
のすぐ近くに、現実世界のATMのようなものがあます。(上の画像をみてください)
その「リンデンドル販売機」をクリックしてください。これは「メタバーズ」という会社が提供しています。

こんなページが開きます。SecondLifeの世界のお金は「リンデンドル L$」
おおざっぱにいって 1円=2L$ ぐらいですけど、円安の影響でちょっと交換レートが悪くなりましたよ;;
bitcashで1000円ぶん購入してみましょう。

この画面になりますので、コンビニから持って帰った紙に書いてあるひらがなを入力しましょう。

入力に成功するとこのような画面になります。そして、SecondLifeのほうの画面右上の所持金が
0L$ から 1,917L$ になったことを確認してください。

次の記事では、SecondLifeの世界のカフェにいってみましょう。

※追記
この記事で紹介した方法は、アバターを作成して30日以上たたないと使えません。しかし、(1)メタバーズの会員に登録する(無料) (2)インワールドでアバター認証を行う の2つの事を行うことで、作りたてのアバターであってもリンデンドルを購入することができるようになります。詳しくは
https://metabirds.net/admin/sell_linden.php
をご覧ください。